速報! 韓国企業が”外国人社員”に『嫌すぎる風習を強要する』悪夢の事態。西欧人に愛されるには韓国文化が第一

この記事は2分で読めます

韓国企業が”外国人社員”に『嫌すぎる風習を強要する』悪夢の事態。西欧人に愛されるには韓国文化が第一

1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 11:58:05.98 ID:???.net
【コラム】韓国文化が韓国企業の最大資産だ(1)
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
2015年06月08日 11時21分

韓国の多国籍企業はグローバル業界を先導する水準に到達した。だが、世界最高の人材を採用し彼らを勤め続けさせる方式に深刻な問題がある。韓国企業はある具体的な短期的目標のために外国人を採用するようだ。会社に対する彼らの忠誠心確保には関心がないものとみられる。

私は韓国企業に勤める多くの外国人とこの問題で多くの対話を交わした。彼らにとって最大の問題は、会社が韓国人社員と外国人社員にそれぞれ根本的に異なる企業文化を期待するということだ。多くの韓国人によると韓国企業が未成熟ということがこうしたおかしな状況の原因だ。真に世界的な業務環境を用意するには考え方が十分にグローバルではないということだ。

もちろん世界のすべての文化圏の人々に適合した企業文化を発展させるには多くの時間が必要だろう。だが、通念と異なり私は韓国企業が西欧の多国籍企業のコピー版のようになるべきとは考えない。

将来韓国企業は仕様がさらに多くさらに安い製品のおかげではなく、各国の企業が再現できる「コリアンスタイル」の経営技法を創り出すことにより成功するだろう。また、外国人社員が高い給与のためではなく彼らに魂を吹き込む企業文化のため会社に残るようにしなければならない。

韓国人は西欧式経営のすべての側面を受け入れた。ただひとつ例外がある。自身の習慣と文化を経営・交渉、ビジネスエチケットの国際的な、普遍的な標準へと発展させ、すべての国の人々がだれでも使用できるようにする戦略だ。西欧の企業は西欧的アプローチ法を普遍的に作ったので成功した。韓国人もまた、韓国式アプローチ法を普遍的に作ることができる。

韓国企業がいくらグローバル化しても文化遺伝子は韓国所属だ。韓国企業が最上の韓国文化要素を社員と顧客に戦略的に提示しないのは潜在力の最大化を自ら放棄する行為だ。アジア文化は西欧人にますます大きな人気を呼ぶ。

韓国人社員でも外国人社員でも無形の価値、すなわち会社のミッションに敷かれている根本価値に忠誠を尽くさせなければならない。韓国人と外国人社員がチームを組むのに必要なことは英語が上手なことではなく価値を共有することだ。

http://s.japanese.joins.com/article/494/201494.html

【コラム】韓国文化が韓国企業の最大資産だ(2)
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
2015年06月08日 11時23分
http://s.japanese.joins.com/article/495/201495.html?servcode=100&sectcode=120

続きを読む

  • 2015 06.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事