速報! 日本の平和を脅かす韓国人のテロ 私たち日本国民は韓国人のテロには屈しない! 

この記事は2分で読めます

日本の平和を脅かす韓国人のテロ 私たち日本国民は韓国人のテロには屈しない!

韓国人の対日テロ攻撃は韓国政府の反日教育が原因です!
 日本人が靖国神社に行くことが韓国人テロリストの意図をくじくことに!

 なでしこりんです。昨日の東京は「小春日和(こはるびより)」とでも言うのでしょうか、師走にもかかわらず春の一日のような陽気でした。空はあくまでも青く、通り過ぎる人たちの顔にも「日本は平和でよいなあ」という思いが浮かんでいました。

          

 朝日新聞 が「在日韓国人犯罪の隠す」という編集方針を持っていることはネット上ではすでに常識ですが、日本のマスゴミ全体の中にも「韓国人の犯罪は矮小化して報道する」という方針でもあるのでしょうか、ここにきて「爆発音事件」という不思議な呼び方が広がっています。韓国人テロリスト、チョン・チャンハンは靖国神社のトイレで「爆発音を響かせるために爆発物を仕掛けた」のでしょうか? なんだか子供だましのような記事を書く記者たちの頭の中はいったいどうなっているのでしょうね。

     

 私は昨日、靖国神社に参拝してきました。爆弾テロのあったトイレに近い南門は閉鎖され、境内の各所には警察官の方が立哨されていましていましたので、やはり「緊張感」があたり一面を支配していました。チョンが爆弾を仕掛けたトイレはブルーシートで覆われて使えなくなっていました。チョンによって爆破されたトイレは南門のすぐ傍なので、人命が失われたなかったのは靖国の英霊の皆様のご加護かもしれません。

       

 テロの恐怖 はテロ自体にあるのではありません。「テロがあるかもしれない」という不安が人々の心を曇らせるのです。韓国人や在日韓国人はチョンの犯行を「してやったり」とでも思っているのでしょうか? もし、韓国人や在日韓国人に「人の心」が少しでもあるのなら、「日本人に申しわけないことをした」と表明すべきでしょう。

     

 日本のマスゴミ は決して大きく取り上げませんが、韓国人&在日韓国人による反日(恨日)は「教育の力」で拡散されています。韓国人の中ではもはや常識である「日本人は倭猿でしかない」という意識は、韓国の小学校で「日本人は未開の人間」と教えているからであり、在日韓国人の反日(恨日)は自らの犯罪体質をごまかすためです。在日韓国人にとっての在日1世の「密入国者=犯罪者」の過去は認めがたいのでしょう。

      
       いつまで許す!こんな日本人を侮辱しきった慶祝集会を!

 何度か ご紹介しましたが、毎年の8月15日、日本国民全体が喪に服しているその日に、在日韓国人・民団は「慶祝集会」を行い、歌って踊っての集会を日本各地で行っています。在日韓国人は日本の戦死者をあざ笑っているのでしょうか? 日本の敗戦を慶祝しているのでしょうか? あなたはこの事実をどう思いますか? あなたは来年もこのふざけた暴挙を許すつもりですか?

       
       チョン・チャンハンの靖国テロは個人の行動などではないのです。

  「韓国人の反日」 は教育の結果です。もし韓国人が、日本が朝鮮半島の奴隷身分の解放を行ったことや、朝鮮半島に医療や教育を持ち込み、朝鮮人の文明開化に寄与したことを学べば、彼らは現在のような「異常な反日国家・民族」にはならなかったでしょう。教育の力は人を狂人にさえ変えるのです。そして、一度、狂人になった韓国人を正常な人間に戻すことは大変難しい。韓国人は今や「反日の時限爆弾」になっています。

         

 日本もテロの時代 に入りました。フランス国民はイスラム狂信集団ISによるテロと戦っています。日本では韓国・反日教集団によるテロが始まっているのです。テロの恐怖に負けることはテロリストの意図に屈することです。私は一人でも多くの日本人が靖国神社に参集することが韓国人テロリストの意図をくじく行動と思っています。私たち日本人は負けるわけにはいかないのです。 By なでしこりん

  • 2015 12.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事