速報! 『良心派日本人が我々を裏切った』と韓国人記者が”記者会見”で発狂。信じられない事態に困惑している

この記事は2分で読めます

『良心派日本人が我々を裏切った』と韓国人記者が”記者会見”で発狂。信じられない事態に困惑している

1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/11/28(土) 16:07:28.46 ID:CAP_USER.net
【記者手帳】朴裕河氏起訴に抗議する「良心的」日本人
http://www.chosunonline.com/site/data/img_dir/2015/11/27/2015112700841_thumb.jpg

韓国の検察が最近、元慰安婦の名誉を傷つけたとして、『帝国の慰安婦』の著者、朴裕河(パク・ユハ)世宗大学教授を起訴した。

26日午後3時、日本の知識人54人が「歴史をどのように解釈するかは学問の自由」だとして抗議声明を出した。「(本に書かれた内容について)韓国だけでなく日本国内からも異論があるのは事実です。しかし(中略)特定の個人を誹謗(ひぼう)したり、暴力を扇動したりするようなものは別として、言論に対しては言論で対抗すべきであり、学問の場に公権力が踏み込むべきでない」と主張した。

若宮啓文・元朝日新聞主筆、上野千鶴子・東京大学名誉教授、小森陽一・東京大学教授らが名を連ねた。アンドルー・ゴードン・ハーバード大学教授のような海外の大学者や、村山富市・元首相、河野洋平・元官房長官も賛同した。「合理的な日本」「良心的な日本」を代表するA級の学者・論客・政治家を網羅していると見ていい。問題は、この人々の指摘に、韓国人がどこまで共鳴するかという点だ。

『帝国の慰安婦』は、2013年8月に初版が出た。当時の反応は静かなものだった。「論点が間違っている」と批判する人が時折存在した。一方で「挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)とは異なる声を上げる勇気は高く買う」という評価も少なからずあった。昨年6月、「ナヌムの家」の元慰安婦9人と挺対協が朴教授を告訴したことで、本の運命はがらりと変わった。元慰安婦と挺対協は、なぜそんなに怒ったのだろうか。

「『朝鮮人慰安婦』とは、朝鮮人兵士と同様、抵抗したものの屈服し、協力した存在だ。日本の戦争に連れていかれた奴隷であることは明らかだが、同時に、性を提供してやり、看護してやり、戦場に向かう兵士に『生きて戻ってきて』と語り掛けた同志でもあった」(207ページ)

生きて「地獄」を経験した元慰安婦にとって、こうした話は侮辱的なものだろう。しかしこの日、日本の知識人らが挙げたのは、朴教授の本が正しいか、間違っているかという問題ではなかった。この人々は、思想信条の自由があるべきだと主張した。「韓国社会にその自由があるのか」と問い掛けた。そんな話をしているのが日本の右翼ではなく、善良な人たちであることに戸惑う記者会見だった。

金秀恵(キム・スヘ)東京特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/27/2015112700841.html

依頼615

【『帝国の慰安婦』】パク・ユハ教授起訴で日米の有識者らが抗議 村山富市・河野洋平・大江健三郎各氏ら54人連名[11/26] ©2ch.net
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1448538891/

続きを読む

  • 2015 11.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事