速報! トルコとIS(イスラム狂信集団)の関係は? あなたはイスラム教の道徳観を受け入れる? 

この記事は2分で読めます

トルコとIS(イスラム狂信集団)の関係は? あなたはイスラム教の道徳観を受け入れる?

女性が不倫しただけで生命を奪うイスラム原理主義者たち
  道徳観の異なる人を調べもせずに受け入れるなんてアリエヘン!

 なでしこりんです。社会人になった頃、高校の同級生が妻子ある男性と不倫をしているという話があって、当時の仲良しだったメンバーで彼女を「事情聴取」したことがあります。しかし、その時は結局何の結論も得られませんでした。友人の知人を批判することは難しい。でも、その友人の知人が犯罪者ならば・・・。今日はトルコとIS(イスラム狂信集団)のお話です。

       

 あるトルコ人女性 がこんなことを言ってました。「トルコは以前より宗教的締め付けが強くなったわ」と。私たち日本国民にもおなじみのトルコのエルドアン大統領。彼は「公正発展党 (AKP) 」という政党を支持母体にしています。実はこのAKPはイスラム政党。トルコは、建国者のケマル・アタチュルクが政教分離とも言える「世俗主義」を国家の基本としたため、どのイスラム国家より「イスラム教的制約の少ない国家」と知られてきました。イスラム国家の多くが女性にだけ強制しているヒジャブやブルカ。トルコではヒジャブさえ付けない女性が多かったのですが、最近はそれでは注意をされるそう。トルコの「再イスラム化」が徐々に進んでいるようです。

        

 トルコ とロシアの軍事衝突。トルコがロシアの爆撃機を撃墜したことが「ことの発端」と言われていますが、実はそれ以前にロシアがシリア領内に住むトルクメン人への空爆を行っていたのがトルコの行動の背景にあるとも言います。ただ、このトルクメン人の実態についてはよくわかりません。中央アジアにあるトルクメニスタンとはどうやら違うようですが、親ロシアであるシリアのサダト政権とは対立しているという話もあります。

 一方、ここに来て、「トルコとIS(イスラム狂信集団)の関係」を指摘する声もあります。中にはエルドアン大統領の息子とIS幹部の密会写真と称するものまでネット上に拡散されています。もちろん、「あれは大統領の息子ではなく別人」という情報もありますが、私には真偽はわかりません。もちろん、ロシアによる宣伝戦の可能性もあるわけで・・・・。

       

 ただ、はっきりしていることは、IS(イスラム狂信集団)がトルコ国内を通過してシリアやイラク国内に入っていることは事実のようです。IS(イスラム狂信集団)の資金源とされる原油もトルコを通過しているようです。私は、「IS(イスラム狂信集団)のようなテロリスト集団は殲滅するしかない」と考えていますが、そういう集団にトルコが便宜を与えている可能性はぬぐえません。

 もちろん、ものごとはそんなに簡単なものではなく、トルコの政界の中にもいろいろな人物がおり、また、アメリカの政界の中にもいろいろな人物がいます。そういう連中が政府の意向とは違った行動を取っている可能性もあります。イスラエルの関与もあるかも知れません。「IS(イスラム狂信集団)を作ったのはアメリカのCIAとイスラエルのモサドだ」という指摘もありますよね。真偽はさておき。

        
       
          上が元写真で、下が「移動後の写真」という説もある。

 ヨーロッパ諸国 による難民受け入れパフォーマンスのきっかけとなった「シリア人少年アイランの死」。あの第一報を報じたのはトルコメディアの女性記者でした。おそらくは、どこかの高級なホテルで秘密結社のような組織のメンバーが集まって脚本でも書いているんじゃないかな? お芝居の中では敵役はばったばったと殺されますが、現実の戦争では無辜の人々の血が流されます。おそらく過去の戦争はみな、そうなんでしょうね。日本がかかわった戦争も。

       

 日本とトルコ は「助け助けられの関係」を持つ友好国です。それでもトルコの友人関係に口を挟むのは難しい。と同時に私たち日本国民は「イスラム教徒が持つ危険性(リスク)」についてもっと勉強すべきではないでしょうか?

       
            日本人はイスラム教のことを知らなすぎませんか?

 道徳的価値観 の異なる人々を受け入れれば衝突が起こるのは必然。特にイスラム教が持つ「女性蔑視の思想」は日本では絶対に受け入れられません。イスラム原理主義者の中では「女性単独の外出を禁止」し、「女性の不倫には石打ち刑」さえあります。もし私の知人女性がイスラムの世界の人ならば・・・、彼女は不倫の甘い誘惑におぼれることさえできなかったはずです。 By なでしこりん

  • 2015 11.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事