速報! 【パリテロ余波】アメリカ・カナダ 首脳が難民受け入れ表明するも州知事が拒否「難民に紛れてテロリストが入国したら大惨事につながる」

この記事は1分で読めます

【パリテロ余波】アメリカ・カナダ 首脳が難民受け入れ表明するも州知事が拒否「難民に紛れてテロリストが入国したら大惨事につながる」
1 ジャンピングDDT(dion軍)@\(^o^)/2015/11/17(火) 09:48:33.31 ID:C87zUHBJ0.net

米・カナダ 難民受け入れで波紋広がる
パリで起きた同時テロ事件を受けて、シリアからの難民の受け入れを増やす方針を政府が示している
アメリカやカナダで州の知事が受け入れを拒否する意向を明らかにするなど、波紋が広がっています。

アメリカ政府は先月から、従来のおよそ6倍に当たる少なくとも1万人の難民を受け入れる方針を示し、
オバマ大統領はG20サミットの閉幕後の16日の記者会見でも、安全を確保しながら受け入れを続けると
強調しました。

しかし、パリで起きた同時テロ事件を受け、これまでにアメリカの20以上の州の知事が安全対策が
十分ではないなどとして、受け入れを拒否する声明などを発表しました。

これらの知事はほとんどが野党・共和党の知事で、このうち大統領選挙にも立候補している南部ルイジアナ州
のジンダル知事は、「シリアの難民の移住に向けたあらゆる手続きを中止するように
指示を出した」とコメント
しています。


さらに、大統領選挙に共和党から立候補し、支持率で上位を争うトランプ氏やカーソン氏、ルビオ氏なども、
テロの危険が高まるとしてシリアからの難民の受け入れを拒否する意向を示し、オバマ政権への
批判を強めています。

また、カナダでは、今月就任したばかりのトルドー首相が、先の総選挙でシリアからの難民を年内に
2万5000人受け入れると訴えていました。これに対して、サスカチュワン州の知事が「難民に紛れて
テロリストが入国したら大惨事につながる」として受け入れの見直しを求める公開書簡を出すなど、
受け入れに慎重な意見が広がっています。
K10010309051_1511171111_1511171112_01_03

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151117/k10010309051000.html


【関連】

【速報】ISが声明公開「ワシントンの中枢を攻撃する」

続きを読む

  • 2015 11.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事