速報! ドイツで移民への暴力事件が続発! 日本もドイツを見習うべきですか? 

この記事は2分で読めます

ドイツで移民への暴力事件が続発! 日本もドイツを見習うべきですか?
移民・難民の流入に反対する人たちはみんな極右なんですか?
  国を奪われる!そういう危機感が若者たちを駆り立てるのではないの?

 なでしこりんです。私は歴史物が好きで、時間が許せば歴史関係の資料を見ます。先日、ナチスの強制収容所として有名な「アウシュビッツ・ビルケナウ」収容所にある犠牲者を鎮魂する石碑の記述が「400万から150万に書き換えられた」という資料を読みました。

      
      ドイツがほしい!もちろん「to go to」が抜けいるだけですが・・・・

 私たち は一般的に、「ナチスドイツは600万人のユダヤ人を虐殺した」と教えられていますよね。確か600万人のユダヤ人犠牲者のうち400万人がアウシュビッツ・ビルケナウの犠牲者だったと思ったのですが、アウシュビッツ・ビルケナウが「400万人→150万人」に減らしたのなら、ユダヤ人犠牲者600万人も350万人に減らすのでしょうか? 

         
      one and a half million(150万)と読めます

 南京事件 のことでも「ありえない数字30万人」が一人歩きしています。日本のブサヨの中には「30万であろうが2万であろうが虐殺はあったから日本は謝罪すべき」というとんでもない主張をする連中がいます。私は歴史的事実はそんなデタラメで、どんぶり勘定で考えてはいけないと思うんです。30万人と2万人は当然違いますし、30万人を主張する人はその根拠を、2万人を主張する人もその根拠を示すべきでしょう。事実に基づかない歴史はファンタジーでしかありません。 今日はドイツのニュースです。記事はブサヨの共同通信。 

      
        放火された難民シェルター

  ドイツのメディアによると10月31日から1日の週末にかけ、 同国各地で難民らを狙った襲撃や放火が相次いだ。東部マクデブルクでは1日、 約30人の集団が野球のバットでシリア人難民ら3人をリンチし、けがを負わせた。 東部イエナでもシリア人男性が路面電車の停留所で男3人に殴られ軽傷を負った。

 ドイツでは最近、難民、移民の大量流入に極右勢力が強く反発し、難民らを標的にした暴力行為が多発。 同国情報機関の連邦憲法擁護庁は、民主主義に対する攻撃だとして襲撃を激しく非難した。 (共同通信)http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015110201001035.html

      
       日本で報道されないだけでドイツでも移民反対運動はある。

 とりあえず、暴力をふるうのは「極右」ということですね。ネット上では「オラ、ゴクウ」というのが流行ってますが、「極右=きょくう、ごくう」のどちらでもよいみたい。「難民、移民の大量流入に強く反発したら極右」という決め付けが共同通信の記者の中にはすでにできあがっているのでしょう。

 10月22日、スウェーデンで21歳のスウェーデン人の男性が、移民が多いとされる学校を襲撃し教師と生徒を殺害し、実行犯の男性も警察官に射殺されました。この事件も「人種差別主義者による犯行」と報道されましたが、ニュースは、犯行の原因になったであろうスウェーデンの現状については何も語りません。「極右」だとか「人種差別主義」というレッテルを貼れば気が済むのでしょうが、私はそのような「決め付け」では今後の犯罪を抑止できるとは到底思えません。

       
       移民・難民の流入に反対する人々  彼らも極右?

 うんざり するぐらい聞かされた「ドイツを見習え」。ドイツの首相でブラントがポーランドにあるワルシャワゲットーで膝まづいたのは「ユダヤ人虐殺への謝罪」であって「戦争への謝罪」ではありません。ドイツは今でも世界有数の武器製造国家であり、軍隊を持ち、海外にも派兵しています。「ドイツを見習え」というのなら、「移民への襲撃も見習え」ということでよいのでしょうか?

       
      イスラムギャングによる犠牲者とあります。

 スウェーデン で人種差別主義者として射殺された青年は、生まれつき人種差別主義者だったのでしょうか? ドイツでバットを振り回した青年は生まれたときから極右だったのでしょうか?ヨーロッパを支配する社会民主主義者による安易な移民流入政策に対する危機感が、普通の青年たちにナイフを持たせ、バットを持たせたと考えることはできないでしょうか? 私は、ヨーロッパで荒れる若者たちを変えたのは、お花畑政治家による悪政に原因があると思います。こういう考えも「オラ、ゴクウ」ですか?ww
 By なでしこりん

  • 2015 11.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事