速報! 日本共産党が中国によるユネスコ「南京捏造」に加担!共産党員は日本から出て行け! 

この記事は2分で読めます

日本共産党が中国によるユネスコ「南京捏造」に加担!共産党員は日本から出て行け!

中国共産党のウソを支持する日本共産党は自主独立じゃないのね!
 「慰安婦強制連行」のウソを自作自演したのも日本共産党でしたよね!

 なでしこりんです。日本共産党が売国奴の正体を現しました。こういう「中国のスパイ組織」が日本国内に議席を持つのは「ガン細胞」と同じです。今日は今朝の「しんぶん赤旗」の記事から。これはもちろん日本共産党の公式見解ですよ。 あなたはどう思いますか?

       

 中国が推薦した日本軍による南京大虐殺も世界の記憶遺産に。 日本政府は、日中間で見解の相違がある、中国の一方的主張だと抗議していますが、歴史の事実は消せません。 犠牲者の数に違いはあるものの、日本軍自身の行動記録や兵士の日記などによって 市民を含めた大量の虐殺があったことは証明されています。ともに戦争がいかに人間を狂気へと駆り立てるかを示す痛苦の教訓。 それを記録し、記憶していく努力こそが人類の未来を保障します。 (日本共産党・しんぶん赤旗http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-11/2015101101_06_0.html

     一方、日本共産党は中国共産党軍に参加!ww
     
       日本共産党の野坂参三(中)。右は毛沢東

 そりゃ、日本共産党としては、当時は「中国共産党・八路軍」に野坂参三が参加していたわけですから、反日反国民党の立場だったわけです。日本共産党は今も「中国共産党日本支部」の役目を引き継いでいるからこそ、こういうハレンチな党見解を表明するのでしょう。

      
       南京にいたナチス(中国国民党軍)

 戦闘死 と虐殺死は当然違います。昨日もご紹介しましたように、南京にいたのはナチススタイルの中国国民党軍。この連中の悪質さについては中国人による証言も数多く残されています。誰が見ても明らかなナチススタイルの軍装を身につけた中国国民党軍が敗走する際、その軍装を捨てるのは当然!では、彼らは何を着たのか? そこに「住民虐殺の鍵」があります。日本共産党にとって重要なのは「中国共産党の見解を疑わないこと」。日本共産党・民青も、日本共産党中央の見解を疑うことは許されません。「自分の頭では考えない」。それが共産主義者の鉄則ですから。

      
     なぜ南京市民は日本軍を大歓迎したのか?そこを考えてください。

 当時の南京 の住民は20万人。南京を占領していたのは中国国民党軍であり、中国国民党軍が南京から敗走する際に住民虐殺が発生します。だから、南京市民は日本軍を歓迎したんです。日本軍は中国国民党軍と違って、住民を殺しませんから。実際、当時、日本軍に随行していた外国人記者は「日本軍による虐殺行為」は一切報道していません。

 中国国民党軍 が住民から漢服を奪い、住民に紛れ込んでいたのは事実です。では、日本軍は民間人に紛れこんだ「便衣兵」をどうやって見つけたか? それはもちろん、南京市民の協力でしょう。「あいつは住民ではない」。私は、日本軍による便衣兵の掃討はあったと思います。でもそれは戦闘行為であり虐殺ではありません。実際、中国国民党軍は「死者は2万人」としか報告していません。

      

 「日本軍 による虐殺は30万人」という中国共産党のプロパガンダを日本でそのまま宣伝する日本共産党。重要なのは「戦闘行為と虐殺を混同させて、日本批判に使っていること」なんです。「30万人虐殺」の次は「3000万人虐殺」が準備されています。そこにあるのは「中国共産党による中国国民大虐殺の隠蔽」なんでしょうね。「日本人は戦争犯罪者」というレッテルをあなたは日本の子供たちに残したいのですか?

      
    「強制連行捏造」の吉田清治は日本共産党員!

 日本共産党 は「慰安婦強制連行のウソ」も宣伝し続けました。日本共産党にとっては「ウソも方便」なんでしょう。私たち日本国民はあらゆる手段を使って、日本共産党とその支持者と対決すべきでしょう。日本を辱めることを目的にした政党は日本には不要です。「日本共産党は日本から出て行け!」の声をあげましょう! By なでしこりん

    日本共産党機関紙「ウソはた」による記事訂正。
       

   売国奴・日本共産党は自作自演の「ウソの拡散」を止めなさい!

  • 2015 10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 07.18

    速報! 

注目記事