速報! 中国市場を全喪失した韓国企業が破れかぶれの報復に出る もう失うものはなにもない

この記事は1分で読めます

中国市場を全喪失した韓国企業が破れかぶれの報復に出る もう失うものはなにもない

1:Ikh ★:2019/12/29(日) 08:15:22.25 ID:CAP_USER

韓国のゲーム開発業者が中国製の「コピーゲーム」に対し、訴訟という強硬手段に出た。韓国のゲーム業界が中国を相手にけんかを仕掛けるのはかなり異例のことだ。中国製のコピーゲームは2000年代初めに韓国のゲーム開発業者が中国市場に進出したころからの慢性病だ。しかし、中国という世界最大のゲーム市場を失いかねないと考え、韓国メーカーは様子をうかがってばかりだった。コピーゲームの存在を知りながら、見てみぬふりをすることが一種の慣行となっていた。訴訟にも消極的だった。モバイルゲームの平均寿命は6カ月から1年にすぎないが、訴訟には2-3年かかる。勝訴したとしても、原作ゲームは既に市場から消えており、得るものはないからだ。

 しかし、現在は強硬な立場に転じた。パクりの程度が臨界点を超えるほど深刻になったからだ。それに中国が最近3年間、韓国のゲームに新規許可(版号)を出していないことも韓国ゲームメーカーの態度変化のきっかけになった。ゲーム業界関係者は「中国は既に『失った市場』になって久しく、これ以上顔色をうかがう必要もない。原作ゲームが世界市場でコピーと競争しなければならない笑えないケースも多く、これ以上傍観することはできなくなった」と話した。

オ・ロラ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

※続きは元ソースでご覧ください
ソース
朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2019/12/29 06:06
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/27/2019122780079.html

続きを読む

  • 2019 12.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事