速報! 『日本企業は韓国を置いてけぼりだ』と韓国人が”日本の戦略性”に仰天。韓国が日本に勝てる物はある?

この記事は2分で読めます

『日本企業は韓国を置いてけぼりだ』と韓国人が”日本の戦略性”に仰天。韓国が日本に勝てる物はある?

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 21:26:45.95 ID:???.net
韓国・聯合ニュースは3日、日本企業は韓国企業よりも早く“脱中国”戦略を展開していると報じた。

記事によると、LG経済研究院のイ・ジピョン首席研究委員は3日に発刊された「ジャパンインサイト」の中で、日本企業が2010年前後から「チャイナプラス1」戦略を実行し、投資先を中国だけでなく東南アジアやインドに拡大してきたことを紹介し、「日本企業は中国への過度の依存に警戒し、韓国企業より相対的に早く脱中国戦略を展開してきた」と指摘した。

日本の国際協力銀行(JBIC)が毎年行っているアンケート結果によると、日本企業は1992年以降、中期的な事業の「有望国」として中国を1位に選んできた。しかし、2010年から中国を選ぶ企業が急減し、2013年は4位、2014年も3位にとどまった。現在ではインドネシアとインドが1~2位を占めている。

日本企業の対中投資額も2012年の134億ドルをピークに減少に転じ、2014年は67億ドルになっている。逆に、東南アジア諸国に対する日本企業の投資は2012年の約100億ドルから2014年は199億ドルへと増加した。

ただ、日本企業は中国の生産拠点を統廃合して東南アジアに移転するなどの動きを見せる一方で、中国市場の開拓は強化しているという。

イ首席研究委員は「韓国企業は日本企業よりもチャイナリスクに対する戦略が不十分。中国依存度が高く、リスクに直面している。東南アジアをはじめとする様々な市場を開拓する戦略を進めるべきだ」と指摘している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

「観光も世界各国から来てくれるのがいい。経済も一つに集中していると危険性が高まるだけ」

「韓国会社員が日本みたいにリスクに対応すべきと主張しても白い目で見られる。韓国の企業は今しか見ていない」

「日本は脱中国やってるのに韓国政府は中国にまだまだ拘ってる」

「今、韓国商品を買ってくれるのは中国しかいない」

「日本はすごい国。金融機関も企業も対応が早い」

「韓国は外交と経済では日本に敵わない」

「韓国が日本に勝てるものはあるか?経済も政治も危うい」

「日本が中国から撤収したのは、企業戦略が上手くなかったせい」

「日本が中国で売れていれば脱中国の必要はなかった」

「中国を含むアジアでは、韓国製品の方が人気が高い」

「中日関係も無視できない。中日関係の変化にもっと注目すべき」

「日本がすごいわけではなく、韓国の経営陣に基本的な予測能力が足りない」

(編集 MJ)

Yahoo!ニュース FOCUS-ASIA.COM 10月4日(日)16時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151004-00000020-xinhua-cn

続きを読む

  • 2015 10.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 11.27

    速報! 

注目記事