速報! 訪米した韓国代表団に米当局者が露骨に釘を差しまくったと判明 GSOMIAを争いの道具にするな

この記事は2分で読めます

訪米した韓国代表団に米当局者が露骨に釘を差しまくったと判明 GSOMIAを争いの道具にするな

1:ときめきメモリアル(岐阜県) [FR]:2019/07/16(火) 08:38:45.41 ID:hlk6KvEF0 BE:723460949-PLT(13000)

米国「GSOMIA揺さぶるな」 韓日双方に警告

米国政府が、経済葛藤によって韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が揺らいではいけないと、事実上、韓日両国に警告した。15日、韓国外交部高位当局者によると、日本の経済報復措置対応のために先週米国を訪問した外交部代表団に、米政府関係者は「GSOMIAが揺らぐようなことがないようにしてほしい」と明らかにした。関係者は「経済分野の葛藤によって、いかなる場合にも安保分野が交差汚染(クロスコンタミネーション、cross contamination)になってはいけない」と話したと、この当局者は伝えた。

これに先立ち、韓国外交部の尹ガン鉉経済外交調整官(次官補級)ら代表団は、今月11~13日にワシントンを訪問してキース・クラック米国務省経済次官、マシュー・ポッティンジャー国家安保会議(NSC)アジア上級部長、シンクタンクであるヘリテージ財団関係者、財界要人などと接触した。 2016年11月に締結されたGSOMIAは韓日が軍事情報を相互提供する協定だ。1年単位で更新し、延長を希望しない側が協定満了90日前(来月24日)までに通知しなければならない。一次目的は軍事情報の共有だが、既存の韓米協力、日米協力に韓日の軸を加えて3国協力を強化するという点で韓日米安保協力の実質的措置といえる。米国がGSOMIAについてことさら念押ししたことは、経済問題の紛争によって韓日米3角協力まで無力化させてはならないという「レッドライン」を両国に提示したものといえる。

青瓦台の雰囲気はGSOMIAを今すぐではないにしろ「検討可能な」対日カードとして見ている。一応のところ、GSOMIAが韓国の安保必要性というよりは日米の必要のために締結されたという認識が根底にある。与党高位関係者は「対日交渉カードかどうかというのは、現時点で敏感な問題なので簡単に話はできないが、締結過程で我々の必要よりは日米の必要のほうが大きかった点は念頭に置いておくに値する」と話した。(略)
https://japanese.joins.com/article/554/255554.html

続きを読む

  • 2019 07.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事