速報! ドイツでアルバニア人難民とパキスタン人難民が衝突!シリア人難民じゃなかったの? 

この記事は2分で読めます

ドイツでアルバニア人難民とパキスタン人難民が衝突!シリア人難民じゃなかったの?
「シリア難民を救え!」というのは壮大なフィクションではないの?
 アルバニアやパキスタンのグループはただの「出稼ぎ集団」でしかない!

 なでしこりんです。今日もドイツからのニュースです。私たち日本人は、「日本は恵まれているから貧しい人たちを援助するのは当然」という意識を持っていますが、実際、世界で援助する側に回っている国はそれほど多くはありません。国連には193カ国が加盟していますが、国連活動を支える分担金の22%がアメリカで、11%日本です。日米で31%を負担しているなんて組織構成上明らかに不公平です。

       
      ドイツ誌は「マザー・アンゲラ」と!ww

 ドイツ が慈善活動するのは勝手ですが、ドイツの尻拭いさえも「日米がやるべき」という考えはもう止めるべきでしょう。私たちは「日本はドイツを見習え!」などというご都合主義者による日本責任論を何度となく聞かされてきましたが、私は「日本はドイツの実情を見よ!」と申し上げたいです。日本は世界のATMではありません。日本にそういう世論があってもよいとおもいます。 今日も「ドイツの難民騒動の実態」が報道されていますよ。

           

 ドイツ中部カッセル(Kassel)郊外に設けられた難民キャンプで27日、難民同士の衝突があり、警察官3人を含む14人が負傷した。独DPA通信が報じた。衝突があった難民キャンプでは、約20か国からの移民や難民およそ1500人がテントで暮らしている。

 報道によると27日正午ごろ、昼食時に起きた難民2人の小競り合いが発端となり、アルバニア難民とパキスタン難民の2大グループの対立に発展した。さらに、夕刻に別の70人ほどの集団と約300人の集団の衝突が発生したという。

 警察が介入し、最初の衝突から数時間後にようやく事態は鎮静化した。逮捕者は出ていない。(AFP=時事) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150928-00000021-jij_afp-int

      

 おかしな話 ですよね。「アイラン君、かわいそう。シリアの内戦で困っている戦争難民をみんなで救おう!」というキャンペンーンが大々的に行われ、すぐさま「難民受け入れ」を発表した政府がいくつかありました。でも、「難民かわいそう」というのは、誰かが仕組んだプロパガンダだったんじゃないんですか?

 ちなみに、トルコの砂浜で死んだアイラン君。本当は、「砂浜」じゃなくて「岩場」に打ち上げられていて、「わざわざ死体を砂浜に運んだ」とする記事もありますし、アイラン君の父親と称する男性も「密航業者」という情報もあります。http://news.livedoor.com/article/detail/10605123/ なんだか、「壮大なフィクションを描いた人たちがいるんじゃないか」と感じているのは私だけでしょうか?

 記事 にある「アルバニア難民とパキスタン難民」。アルバニアって現在、戦争状態でしたっけ? パキスタンは山岳地帯でタリバンが活動していますが、それでも治安は維持されています。こういう国から「出稼ぎ」に来る人を「難民」と呼んでもよいのでしょうか? まあ「経済難民」という言葉はありますが、私は「出稼ぎ」と呼ぶべきと思います。

 世界 はいつまでこんな茶番劇に付き合わされるのでしょうか? それこそ、ドイツは、「自称シリア難民」を受け入れるより、ドイツ軍をシリアに派兵して、都市ごと安全地帯にした方が安上がりじゃないのかな? メルケルさんは国防相も女性にしたいようですが、どうやら「論文の盗用」がばれて、それは実現できなさそう。ドイツは国家が破滅する前に、メルケルさんを交代させた方がいいんと思いますが・・・・ あっ、これはこれは個人的な希望であり、決して内政干渉ではありません!ww  By なでしこりん

  • 2015 09.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事