速報! サウジの記者殺害でソフトバンクにダメージが発生してしまう 米国への投資計画にも影響か?

この記事は1分で読めます

サウジの記者殺害でソフトバンクにダメージが発生してしまう 米国への投資計画にも影響か?

1:みつを ★:2018/10/15(月) 19:35:37.60 ID:CAP_USER9

https://jp.reuters.com/article/softbank-stock-idJPKCN1MP014

テクノロジー
2018年10月15日 / 02:44 / 9時間前更新
ソフトバンクG株が反落、サウジ記者不明問題で売り圧力

[東京 15日 ロイター] – ソフトバンクグループ(9984.T)が反落。サウジアラビアの反政府記者ジャマル・カショギ氏が今月2日にイスタンブールのサウジ領事館訪問後に行方不明となっている問題が売り材料となっているという。サウジアラビアのムハンマド皇太子は「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」に追加で450億ドル出資する方針を明らかにしたと今月5日に一部で報じられていた。「(記者の行方不明問題について)サウジ政府の関与の疑惑が出ており、株価もネガティブに反応している」(国内証券)との声が出ていた。

続きを読む

  • 2018 10.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事