速報! 安倍演説の妨害者が『聴衆の抗議に屈服して逃げ帰る』醜態を晒した模様。朝日新聞は妨害側を地味に擁護

この記事は1分で読めます

安倍演説の妨害者が『聴衆の抗議に屈服して逃げ帰る』醜態を晒した模様。朝日新聞は妨害側を地味に擁護

1:らむちゃん ★:2017/10/21(土) 22:46:54.74 ID:CAP_USER9.net

産経ニュース2017.10.21 22:20更新
http://www.sankei.com/politics/news/171021/plt1710210113-n1.html

衆院選の選挙戦最終日の21日、東京・秋葉原で自民党総裁である安倍晋三首相が最終演説を行った。

 フィナーレには過去4回の国政選挙同様に選んだ秋葉原。安倍首相にとっては7月の東京都議選で組織的に妨害活動をした一団に向かって「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです」とやり返し、都議選での自民党惨敗の一因となったとされる因縁の地だ。今回は、都議選のリベンジとなった。

 演説中、散発的に「アベ政治を許さない」と掲げたプラカードを手に「9条を守れ」「安倍はやめろ」と怒鳴る人がいたが、周囲の聴衆に「うるさいよ」「出て行け」と抗議される一幕もあり、大規模な抗議はなかった。

 ひときわ大きな「がんばれ安倍総理!」と書かれた横断幕も登場する中、午後7時半すぎ、麻生太郎副首相兼外相とともに選挙カーに登壇した安倍首相は「こんなにたくさんの方々に秋葉原に集まっていただきありがとうございます」と感謝の辞を述べた。

 首相は「議席ほしさに名前をころころと変える人たちがいる。自民党が選挙に負けて野党になっても名前を変えたりしなかった」と民進党から希望の党や立憲民主党に移って立候補した野党候補らを批判した。

続きを読む

  • 2017 10.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事