速報! ロンブー淳さんが激白:「韓国や中国を批判するとレギュラー降ろされる」 

この記事は2分で読めます

ロンブー淳さんが激白:「韓国や中国を批判するとレギュラー降ろされる」

日本のメディアはすでに左翼と在日に乗っ取られている!
  若者たちよ!自由で民主的な日本を守るためにしっかり学んでね!

 なでしこりんです。ネット上における愛国保守系ブログの相次ぐ配信停止。なにゆえ保守系ブロガーが狙われるのかはわかりませんが、配信停止を求めているのが左翼や在日韓国人朝鮮人団体だということはおぼろげながらわかります。今日はお笑いコンビの「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが勇気ある発言をされています。ロンブー淳さんを守るためにも幅広い拡散をお願いいたします。

           

 記事元 は勝谷誠彦さんの「政治外交思考新聞」。ねた元に敬意を表して引用は前半のみ。後半はねた元で読んでほしい。今回の記事は、特に中学生や高校生、大学生や若い社会人の人に読んでほしいな。 「新聞に書いてあるから」「テレビで言ってから」は必ずしも真実ではないこと。日本のテレビや映画の世界に巣くう「反日左翼や在日韓国朝鮮人」の存在に気づいてほしい。そして、若い人たちにこそ、「自由で民主的な日本の守り手」になってほしいと思います。 By なでしこりん http://nadesikorin0719.blogspot.jp/

 ロンブー淳「韓国や中国を批判するとレギュラー降ろされる」
「最近のテレビ番組に表現の自由はない」「中韓に対する気遣いが異常」 
カツヤマサヒコSHOWでマスコミやテレビ局の偏りを告発し話題に

 なぜ芸能人の大半が安保法案批判を行いSEALDsやテレビ朝日・TBSら左派メディアと同じ主張をするのか? 1日に放送されたカツヤマサヒコSHOWでロンブー淳がテレビ局の内情について淡々と批判しその疑問の答えが憶測できる一幕があり注目を集めている。

 淳が言うには「現在のテレビ局(韓国系スポンサーがついている等)は中韓に対して批判的な発言を行うといけない雰囲気になっている。自由な表現が出来ないものになっている」ということのようだ。

 これらの発言を考えると安保法案賛成派で話題になったつるの剛士や松本人志はある意味芸能界からすると異端な人物である事が伺える。実際に、芸能業界にいると内情や関わるテレビ局、出演する偏向された番組出演等から意見がかたよるのはもちろんのこと、「安保賛成を唱えると干される可能性がある」ようだ。(後半に続く)

後半はこちらから→ 「政治外交思考新聞http://seijigaikou.com/articles/67526.html 

       

  • 2015 08.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事