速報! TBS「ひるびお」で『出演者が大嘘を吐きまくって』視聴者も騒然。露骨な印象操作だと批判殺到

この記事は2分で読めます

TBS「ひるびお」で『出演者が大嘘を吐きまくって』視聴者も騒然。露骨な印象操作だと批判殺到

1:(^ェ^) ★@\(^o^)/:2017/07/17(月) 21:26:39.83 ID:CAP_USER9.net

http://netgeek.biz/archives/99610

握手拒否を故意に捏造したとして炎上した「ひるおび(TBS)」の情報の伝え方が本当にひどいのでまとめておきたい。

客観的な事実に基づかず、コメンテーターが安倍憎しで個人的な感想を言っているだけ。

TBS「ひるおび」の恐ろしい印象報道です。コメンテイターは、個人的「印象」をあたかも「事実」であるかのように語り、視聴者を一定の論調に同調するよう印象操作しています。八代弁護士が常識的な反論をしますが、それも空回りし、政局巷談家の伊藤惇夫氏が話を遮り、印象報道を肯定します。 pic.twitter.com/VuHkEqziGH
— 藤原かずえ (@kazue_fgeewara) 2017年7月13日

netgeek編集部ではコメンテーターの発言を書き起こし、主観的な部分を太字にしてみた。

・安倍総理に誠実さがないと受け止める人も多いと思う

・安倍総理が言わせているように見える

・安倍一強で中枢が腐ってるんじゃないか?って

・安倍総理に対する不信感が解けない限り、支持率回復は難しんじゃないかな?って感じはします

・内閣改造で失敗するともう立ち直れないんじゃないかなっていう印象を持ちます

・個人的には都議選の敗北で安倍さんの魔法が解けてしまったという印象があります

・真相は解明できないので、やっぱり問題は印象の部分

・(安倍総理と加計理事長が友達なんだから不正に)関与しているかもしれないじゃない?

こうして書き起こしてみると、ひるおびにコメンテーターとして出演している有識者がいかに憶測で語っているかがよく分かる。しかも内容が間違っている。途中、八代弁護士が正しい意見を発したものの、すぐに封殺されてしまった。ひるおびは故意にアンチ安倍総理派のコメンテーターを集め、自分たちが居心地のいい場所をつくりあげたのだ。

番組制作サイドからすれば八代弁護士の発言は予想外だったかもしれないが(あるいは中立性アピールのために1人だけ入れたか)、真実を追及するジャーナリズム精神がないことは明白。結局、加計学園問題は冤罪だったわけで、ひるおびは無実の人を不用意に攻撃したことになる。悪質なのは公共性が高い電波を使って視聴者を洗脳したことだろう。

以下ソース

続きを読む

  • 2017 07.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事