速報! 前川が『文科省幹部を巻き込んで自爆する』想定外の事態が発生。完全に内部が腐っていた模様

この記事は1分で読めます

前川が『文科省幹部を巻き込んで自爆する』想定外の事態が発生。完全に内部が腐っていた模様

1:名無しさん@涙目です。(岐阜県)@\(^o^)/[ニダ]:2017/05/31(水) 11:52:03.40 ID:jPSjJygy0.net BE:723460949-PLT(13000)
官邸VS前川前次官 「加計文書告発」で全面戦争突入 内偵でバレた!出会い系バー通い常連「捜査当局すべて把握」

 文部科学省の前川喜平前事務次官(62)が、25日発売の「朝日新聞」や「週刊文春」のインタビューに応じた。安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐる「文書」について、「本物」「行政がゆがめられた」と語った。菅義偉官房長官はこれを完全否定し、激怒した。今後、官邸と前川氏側は全面戦争に突入しそうだ。こうしたなか、東京・歌舞伎町での「管理売春」(売春防止法違反容疑)を内偵していた捜査当局が、前川氏らによる「出会い系バー」(連れ出しバー)での動向を確認していたことが分かった。(以下抜粋)

 ところで、前川氏の「出会い系バー」通いが、どうして発覚したのか。 捜査事情に詳しい関係者は「捜査当局は、歌舞伎町での管理売春について内偵していた」といい、続けた。

 「歌舞伎町の同形態の店などを監視していたところ、前川氏をはじめ、複数の文科省幹部(OBを含む)が頻繁に出入りしていることをつかんだ。当然、捜査当局はすべてを把握している。朝日や文春での告白内容にも関心があるだろう」

 前川氏は、文科省の「天下り」問題で今年1月に引責辞任した。加えて、「出会い系バー」への出入りをめぐって官邸幹部に厳重注意を受けている。今回の告白も「安倍政権への逆恨み」との指摘があるが、前川氏は「逆恨みする理由がない」と朝日新聞に語っている。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170526/plt1705261100002-n1.htm

続きを読む

  • 2017 06.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事