速報! 韓国のテレビ討論が『国歌崩壊級の悪影響を発揮して』世界が騒然。親米派勢力が壊滅の危機に瀕する

この記事は2分で読めます

韓国のテレビ討論が『国歌崩壊級の悪影響を発揮して』世界が騒然。親米派勢力が壊滅の危機に瀕する

1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/04/30(日) 23:30:55.71 ID:CAP_USER.net

【ソウル=名村隆寛】韓国大統領選挙(5月9日投開票)の支持率で1位の左派系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補を、小差で追っていた中道左派の第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)候補の支持率が急落している。

 世論調査会社リアルメーターの調査(24~26日)によると、文氏の支持率が44・4%であるのに対し、安氏は22・8%。2週間前の調査結果と文氏はほとんど変化はないが、安氏は約14ポイントも下落した。安氏の支持が下がった分、保守系の旧与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補らが支持を上げた。

 安氏が支持を落とした背景には、最近行われた候補者のテレビ討論の影響が指摘されている。文氏との事実上の2強対決だったなか、文氏は執拗(しつよう)に「保守派と結託している」と安氏への“ネガティブ攻撃”を続けた。安氏はこれをうまくやり過ごせず、ムキになって反論。その様子は韓国全土に放映された。

 左派色が強い文氏を敬遠する保守層や無党派層の支持が安氏から離れ始め、選挙戦が折り返しに入ったなか、「文対安」の2強対決構造は崩れつつある。

 旧与党から分かれた「正しい政党」では25日に、文氏の当選阻止に向けて他党との大同団結、候補一本化を模索する方針を決めた。しかし、安氏が同党との協力を拒否。同党の劉承ミン候補は最後まで選挙戦を戦い抜くと断言している。

 しかも、投票が10日余り後に迫る時点で、候補の一本化は現実的には無理だ。文氏が安定した支持率を維持する一方、安氏ら他の候補は自分の勝利を信じて選挙戦を続けている。

 文氏の勝利を阻むには、現時点では保守派や無党派層の票が安氏に流れるしかない。しかし、世論調査結果が示すように、文氏と安氏の差は開くばかりだ。前回大統領選で、左派系政権誕生に危機感を抱き、保守層が結束して文氏を落選に導いたときのような危機感はない。

 安氏陣営は支持率の下落を謙虚に受け止めているもようだ。後半に入った選挙戦は、安氏がどれだけ巻き返しを図れるかが最大の焦点となっている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170430/frn1704301000002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170430/frn1704301000002-n2.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170430/frn1704301000002-p1.jpg
ともに保守票を狙う文氏(写真左、共同)と安氏(AP)

続きを読む

  • 2017 05.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事