速報! 民進党の候補者が大量離党して『党内がお通夜状態になる』絶望的な状況に。民進党都連は完全消滅する模様

この記事は1分で読めます

民進党の候補者が大量離党して『党内がお通夜状態になる』絶望的な状況に。民進党都連は完全消滅する模様

1: 毒霧(神奈川県)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/04/23(日) 09:55:09.54 ID:nok2bhk70.net BE:695656978-PLT(12000)
http://news.livedoor.com/article/detail/12972749/

「議席ゼロも覚悟」民進都議選候補また3人離党

民進党が東京都議選で公認している候補者の中から、新たに現職都議2人と、新人1人が離党する意向を固めたことがわかった。

 週明けにも都連に離党届を提出する。同党の公認候補36人のうち、既に9人が離党届を出しており、離党組は計12人に上ることになる。今回の離党には、都連幹部の都議も含まれ、党内からは「議席ゼロも覚悟しなければならない」との声も出始めた。

 離党の意向を固めたのは、都連幹事長代理で、都議会の民進党系会派「東京改革議員団」団長代理の酒井大史だいし氏(48)(立川市、4期)、

同会派幹事長代理の小山有彦氏こやまくにひこ(41)(府中市、2期)の現職2人と、新人で日野市議の菅原直志氏(49)(日野市)。3人は今後、小池百合子都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の推薦などを求めていく。

続きを読む

  • 2017 04.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事