速報! 『ソウル市街戦が勃発寸前だ』と韓国警察が”最悪の警戒体制”を発令。両陣営の部隊が集結中の模様

この記事は2分で読めます

『ソウル市街戦が勃発寸前だ』と韓国警察が”最悪の警戒体制”を発令。両陣営の部隊が集結中の模様

1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/10(金) 09:19:29.86 ID:CAP_USER.net

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免の是非について判断する弾劾審判で、憲法裁判所は10日午前11時(日本時間同)に決定を言い渡す。クビか続投か、いずれの決定が出ても反朴派と親朴派がソウル中心部で激しく衝突し、市街戦状態となる事態も予想され、警察は最高レベルの警戒態勢を敷く。

 憲法裁の裁判官の定数は所長を含め9人だが、現在は8人。罷免には6人以上の賛成が必要だ。

 言い渡しは生中継される。罷免決定の場合、朴氏は失職し、60日以内に次期大統領選を行う。棄却や却下の場合、職務に復帰できるが、政権は既に弱体化しており政局の混迷は避けられない。

 一連の疑惑を独立捜査した特別検察官は朴氏について、親友の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀しサムスングループから多額の賄賂を受け取った「収賄容疑者」と認定した。大統領は任期中、内乱罪などを除いて起訴されないが、朴氏は罷免されれば逮捕、起訴される可能性がある。

 あきれることに韓国では、政界も含め、憲法裁の決定に「従うか否か」が議論となっており、審判決定後も法律無視の大混乱が続きかねない。警察も、市民団体などが決定に納得せず激しい抗議行動に出る恐れがあるとみて厳戒態勢に入った。

 朴氏の退陣を求め「ろうそく集会」を開いてきた市民団体は、9日から言い渡し翌日の11日まで、ソウル中心部の光化門広場で集会を開く。保守系団体を中心とする罷免反対派も、憲法裁周辺で泊まりがけの集会を続けるとしている。

 両陣営が激しく衝突する事態も予想されるため、聯合ニュースによると、警察はソウルの10日の警戒レベルを3段階のうち最高に引き上げ、前後の9日と11日も上から2番目の警戒レベルを維持する。

 聯合ニュースは「決定に対して暴力的に反応することがあってはならない」と冷静な対応を呼びかけるが、何が起きてもおかしくない。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170310/frn1703100830001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170310/frn1703100830001-n2.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170310/frn1703100830001-p1.jpg

反朴派(左)と親朴派(右)のデモ。弾劾審判の決定後が騒乱本番か(共同)

続きを読む

  • 2017 03.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 12.10

    速報! 

注目記事