速報! 韓国製品の露骨な国籍差別に『消費者が本気で怒り狂う』国際的な炎上沙汰に。長年の議論がまた再燃した

この記事は2分で読めます

韓国製品の露骨な国籍差別に『消費者が本気で怒り狂う』国際的な炎上沙汰に。長年の議論がまた再燃した

1:HONEY MILKφ ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 08:55:16.36 ID:CAP_USER.net

あるネチズンが、韓国と日本で販売されている辛ラーメン・カップ麺の品質を比較した投稿が、『内需逆差別』議論に広がっている。

日本旅行関連情報ブログ、『テチュソクチョンドゥン』を運営するネチズンは最近、韓日両国で販売中の辛ラーメン・カップ麺の中身の違いを比較する投稿文を書いた。

韓国のコンビニと日本のスーパーで、カップ容器に入った辛ラーメンを購入した。デザインはほとんど同じだった。容器のふたの材質で、日本の販売品が少し柔らかい程度だ。

しかし中身は一目で大きな違いがあった。日本販売品には長ねぎと唐辛子、シイタケなどの乾燥野菜の具が大きく、大量に入っている。これと比較して、韓国販売品の具はまるで屑を集めたかのようにお粗末だった。

(写真=韓日辛ラーメン比較)

0002692086_001_20170308061224382
0002692086_004_20170308061224429
0002692086_005_20170308061224448

麺の量と形も違っていた。日本販売品は細くて量が多いが、韓国販売品は麺の成型が雑だった。スープは韓国販売品が日本よりも若干辛い味が強調されていた。これは両国の消費者の嗜好を反映したからである。

投稿文を見たネチズンは、「国内消費者に対する逆次別だ」と言いながら不満を示している。

あるネチズンは、「台湾で販売する辛ラーメンも日本ほどではないが、韓国よりも具が多かった」とコメントした。また別のネチズンも、「タイのはフォークが入っていて、アメリカのは韓国よりも安い」とし、「見た目で品質の違いが感じられる」とコメントした。

「韓国企業が自国民を“ホゲン(カモ)”にする慣行は昨日今日の事ではないが、消費者から適切な制裁を受けるべきだ」と批判した。

一部のネチズンは、「韓国と日本の製品の価格差だと思う」という意見を出したりした。

辛ラーメンの内需逆次別議論は、数年前にも浮上した事があった。2012年にあるネチズンが、スイスで食べた辛ラーメン・カップ麺の写真と共に、「量が多くて具が優秀だ」と書き込んだ事が発端になった。先立って韓・中・日で販売するカップ麺の内容物の比較でも、韓国販売品が一番品質が低いという批判が出たりしている。

会社側は物議を醸す度に、「各国別の趣向によって内容物が少しずつ違うだけ」と説明するが、議論の終止符を得るには説得力が弱かった。

ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=025&aid=0002692086

続きを読む

  • 2017 03.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事