速報! あなたは国難の際にはどう行動しますか? リスクを買ってでも職務に尽くす人に私はなりたい。 

この記事は3分で読めます

あなたは国難の際にはどう行動しますか? リスクを買ってでも職務に尽くす人に私はなりたい。

 
民主党や共産党は日ごろのおこないを改めるべきではありませんか?
  ふだん自衛隊を侮辱している連中に「自衛隊員の命が~」とは言わせない!
 

 なでしこりんです。夏場になる「怖い話」が話題になりますが、今日の記事はどうなんでしょう? これは単なる事故なんでしょうか? それとも事件?

 23日午後2時40分ごろ、鹿児島県屋久島町の白谷川の岩場で、男性の遺体が見つかり、24日、東京都杉並区南荻窪、内閣府情報保全監察室参事官、神原紀之さん(55)と確認された。川に流されたとみられる傷などから、県警屋久島署は事故の可能性が高いとみて調べている。

 同署によると、神原さんは休暇中に1人で屋久島を訪問。20日に入山してから戻らなかったため、県警などが捜索していた。鹿児島地方気象台によると、屋久島は20日正午過ぎに大雨警報が出ていた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150724-00000087-mai-soci

 「内閣府情報保全監察室」がどんなお仕事をされているかは定かではありませんが、いわゆる「情報セクション」のような分掌なんでしょうか? 報道では「事故の可能性が高い」と報じていますが、でも、「何か不自然なもの」を感じてしまうのは私だけですか?

 今でも記憶に残っている事件に、2014年1月に発生した「内閣府職員変死事件」があります。この時に亡くなったのは「内閣府経済社会総合研究所」のキャリア職員(当時30歳)。この方、韓国に出張したにもかかわらず内密に日本に帰国するためにゴムボートを買ったことになっていますが・・・死亡推定時刻は1月8日~15日の間と七管が発表しています。1月8日なら「韓国国内で死亡」した可能性が高いわけです。もちろん、週刊誌は「不倫が原因」というとんでもない目くらまし記事を書いて故人を冒涜しています。まさに「死して屍拾う者なし」の世界ですね。

 もう一件、疑問の残る「事故」があります。防衛省統合幕僚監部特殊作戦室長が霞ヶ関の路上でオートバイに衝突されて亡くなった事故。こちらは2013年の5月ですが、歩行者とオートバイの接触事故はあっても死亡事故というのは滅多にないのでは? この方は、尖閣諸島などの「島嶼防衛の任」の責任者だったとか。そういえば、中国大使に赴任する予定だった外務省のキャリアの方も渋谷の路上で突然死! 「暗殺」という言葉しか思い浮かびません。

 真相は分かりません。ただ一つはっきりしていることは、「世の中には命のやり取りを求められる仕事もある」ということ。アメリカにはCIA、旧ソ連にはKGBという諜報機関があり、そこでは目的のためには殺人さえいとわない活動がおこなわれていることが判明しています。日本には中国、韓国、北朝鮮の諜報機関もいますよね。無辜の日本人を誘拐したのは朝鮮総連を始めとした北朝鮮の工作員たちでした。

      
          
     こんなクソ連中に「自衛隊員の命が~」なんて絶対に言わせない!
 
 日常的に自衛隊を「暴力装置」と侮辱し、自衛隊の訓練を妨害している民主党や日本共産党が、安保法制反対に利用するために「自衛隊員の命が危険にさらされる」と主張するのは噴飯ものですね。まあ、日本共産党は日本国民をだますためならウソでも平気な連中なんですけどね。

 「職務をおこなう上で危険が伴う仕事」は公務以外にもたくさんあります。それでも人は職務に就くのです。それはお金のためだけではないでしょう。それを「自分がやらなければならない」という責任感があるからでしょう。「自衛隊員の命が~」と政治目的で叫ぶ左翼ほど、「なぜすぐに被災地に行かない」、「なぜ自分を助けない」とわめく連中です。 違いますか?    

 日本人の中には「いかに生きるか」と同時に「いかに死ぬか」を考える死生観があります。これは日本人にしかわかりません。いくら日本人に成りすましても朝鮮人や中国人には永久に理解できない考えです。もし日本が外国から侵略されたら・・・朝鮮人や中国人はすぐに日本から逃げるでしょう。大東亜戦争の時も日本国内にいた朝鮮人は朝鮮半島に逃げました。(朝鮮戦争でまた戻ってきましたが!ww)。 東日本大震災の時も朝鮮人と中国人は逃げました。(また戻ってきているようですが!ww)。

 安保法制反対のために「自衛官の命」を利用するのは、自衛官を冒涜するものであり、日本人を侮辱する「ためにする主張」でしかないのです。人はいつかは死ぬのです。ならば、多少なりとも「日本のために」と考える日本人は多いと私は信じています。もちろん私も国難の際には挺身する覚悟です。それって、日本人なら自然じゃないですか? By なでしこりん
   http://nadesikorin0719.blogspot.jp/

  • 2015 07.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事