速報! 中国最高裁の判事が『途轍もないブラックジョーク』を吐いてブーメラン攻撃が直撃。あまりの笑撃に日本も呆然

この記事は1分で読めます

中国最高裁の判事が『途轍もないブラックジョーク』を吐いてブーメラン攻撃が直撃。あまりの笑撃に日本も呆然

1:ひろし ★@\(^o^)/:2017/02/07(火) 22:25:18.74 ID:CAP_USER.net

【AFP=時事】中国の最高人民法院(Supreme People’s Court、最高裁に相当)の判事が5日、メッセージアプリに投稿したメッセージでドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を「弱い者いじめ」にたとえ、米国の司法制度を破壊する「法の支配の敵」だと激しく非難した。

 トランプ氏は先週自らが発令したイスラム圏7か国出身者の入国を禁止する大統領令に対し、差し止めを命じたシアトル(Seattle)連邦地裁のジェームズ・ロバート(James Robart)判事を「いわゆる判事」とあざけりながら激しく攻撃した。

 これを受けて中国最高人民法院の何帆(He Fan)判事はメッセージアプリ「微信(ウィーチャット、WeChat)」に、「判事を批判する大統領や判事を殺害する暴徒は、すべて法の支配の敵である」と投稿した。

 さらに何判事は「最も民主的で、また法治の精神を最も重んじていると主張する国家において、大統領が先頭に立って判事を攻撃している」と皮肉り、トランプ氏は「品のない弱い者いじめと変わらない」と批判した。

全文はソースで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000037-jij_afp-int

続きを読む

  • 2017 02.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事