速報! トランプ氏、大統領給与は1ドル。年40万ドルは辞退!一方極貧の共産党専従は思想の自由もゼロ! 

この記事は3分で読めます

トランプ氏、大統領給与は1ドル。年40万ドルは辞退!一方極貧の共産党専従は思想の自由もゼロ!

トランプファミリーには「周囲に敵が大勢いる」ことを肝に銘じてほしい!

…..日本共産党の志位が独裁できる原因は「生殺与奪権」を志位が持つから!


……なでしこりんです。世の中には「年収何億円」という人たちがいます。もちろん「すごいな」とは思いますが、そういう方たちはまた「年数千万単位の税金」を取られてもいるわけです。 俗に「お金持ち」と言われていた人たちが相続税や固定資産税を支払うために土地屋敷を売り払い、没落していく姿もまた数多く見受けられます。お金って、あればあったで大変なんでしょうね。さて今日はAFPが面白い記事を配信してます。

………………………………………

……米国の次期大統領に選出されたドナルド・トランプ氏は13日放送された米CBSテレビのニュース番組「60ミニッツ」のインタビューで、年40万ドル(約4300万円)の大統領職の給与を辞退する意向を表明。法律の規定があるため「年1ドルは受け取る」とした。(AFP)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161114-00000005-jij_afp-int

…………………………………………………

……アメリカ では企業のトップの「年間給与が1ドル」という話はよく耳にします。すでに亡くなられましたが、アップルの創業者・スティーブ・ジョブズ氏もそうでしたし、Googleの会長兼CEO、それがエリック・シュミット氏も「年間給与が1ドル」組の人たち。もちろん、彼らにはすでに使い切れない資産があるわけで、あえて自社から給与を受ける必要性がないのでしょう。

……トランプ氏 だって推定3760億円の資産を有しているわけですから、年40万ドル(約4300万円)なんて大したことのない金額なんでしょう。私はこれはこれでよいと思います。少なくとも「金に目がくらんで」という犯罪にトランプ氏が走る可能性は低いわけですから。

…………………………………………………

……………………………………………….ヒラリーを「ユダヤの代理人」と見る向きもあった

……ただ、アメリカには「自分は大統領より偉い」と思っている企業家が今でもいます。いわゆる「ビッグファミリー(巨大財閥)」ですが、彼らは「政治ゲーム」に狂奔したと言いますから、トランプ氏とその家族には、政治ゲームというお遊びに染まらないでほしい。権力は財力より「蜜の味」と言いますから。すでに正体が判明していますが、今回の大統領選挙でヒラリーを操り、トランプ叩きをやっていたのがユダヤ財閥とアメリカ金融界でした。トランプファミリーには敵が多いことを自覚してほしいです。

……最後に「 お金のない政治家」の姿もご紹介。共産党や公明党のようなカルト政党では、議員個人の名前や資質はあまり問題になりません。なぜなら「信者」は上に言われたとおり投票するからです。そういうカルト政党では「上の命令に完全に従う」ことが議員生活を続ける上での絶対条件。なぜなら、上の機嫌を損ねると「議員候補」になれないからです。

…………………………………………….

……特に 共産党の場合は、大学を出ても「共産党活動家」ではろくな就職先はありません。あっても共産党の系列の生協が関の山。仕方がないので「共産党専従職員」にならざるを得ないわけですが・・・・。これがまた「ブラック企業」を通り越した「ブラックホール企業」。すべての資産はもとより、自由な思想さえ吸収されて闇の彼方へ。ですから、共産党専従職員=生活保護以下の人間生活を強いられた人たちが「蜘蛛の糸」の犍陀多(かんだた)のように必死の思いで逃げる先が地方議員なわけです。

……………………………………………

……共産党 の議員の生殺与奪権を握るのが党中央幹部会委員長の志位和夫。志位が恣意的に「こいつは外して」と言えばそれでお仕舞。これは国会議員だって同じことですよ。衆議院比例で当選した池内沙織なんて、志位の靴の裏までなめるんじゃないかな。比例順位を落とされた時点で落選ですからね。「志位和夫がなぜ16年間も独裁ができるのか?」。答えが見えてきましたか? By なでしこりん


  • 2016 11.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事