速報! ”ベトナム虐殺を糾弾された韓国”が『日本を責められなくなる』と火病発症している模様。露骨な責任逃れを始めた模様

この記事は2分で読めます

”ベトナム虐殺を糾弾された韓国”が『日本を責められなくなる』と火病発症している模様。露骨な責任逃れを始めた模様

1:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2016/10/30(日) 15:55:14.66 ID:CAP_USER.net

法の前に立った「ベトナム戦民間人虐殺」

ベトナム中南部ビンディン省タイソン県タイビン寺に立てた「ビンアン虐殺事件」(1966年)追悼碑のモザイク画。ベトナム戦当時の韓国軍による虐殺場面を描写している=ク・スジョン氏提供

147740639262_20161025

ベトナム戦当時の韓国軍による民間人虐殺を謝罪し、被害者を慰労するための象徴物である「ベトナムピエタ」(左)。この彫刻は「平和の少女像」(右)を製作した夫婦作家キム・ソギョン氏(51)とキム・ウンソン氏(52)の作品だ=カン・ジェフン先任記者

147740649002_20161025

ベトナム戦争参戦韓国軍の民間人虐殺

147755658872_20161027

ベトナム、クアンナム省のフォンニィ・フォンニャット村に建てられたベトナム戦犠牲者慰霊碑。2014年2月、現地の住民が記者に慰霊碑を指して沿革を説明している。慰霊碑には民間人犠牲者74人の名前が刻まれている=コ・ギョンテ記者

147740669829_20161025

韓国ハンギョレ新聞社 アン・ヨンチュン記者

韓国語原文入力:2016-10-25 10:30
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/767150.html 訳J.S(4483字)

ベトナム戦参戦者会
民間人虐殺・性的暴行はなかった
韓-ベトナム平和財団のク・スジョン氏を告訴

現地調査で確認された虐殺
弁護士ら、謝罪・賠償特別法を摸索
「告訴はむしろ良い結果に国家の責任を認める契機に」

ク・スジョン氏(50)が警察から電話を受けたのは今年7月だった。虚偽事実摘示による名誉毀損事件で告訴されたという内容だった。彼は8月23日に警察に出頭し3時間にわたり調査を受けた。

「調査官はこの問題をよく知らないようでした。私が質問の核心を把握できずに答えるのが難しいほどでしたから。もっとも、歴史的事実の全貌を分かってこそ捜査できるのですから、誰がしても簡単ではないでしょう」。

彼は「事実関係の確認よりは『告訴人があなたの主張が虚偽と言っているがどう思うか』と訊かれて当惑しました」と話した。

ク氏は韓国とベトナムの間の公正旅行(フェアトラベル)と公正貿易(フェアトレード)をする社会的企業「アマプ」の本部長であり、今年9月に発足した「韓国-ベトナム平和財団」の理事だ。

職業や肩書は今後も変わるかも知れないが、ベトナム留学中だった1999年に韓国軍によるベトナム戦民間人虐殺事件を時事週刊誌<ハンギョレ21>を通じて韓国に最初に知らせた事実は決して変わることはない。

論文発表、口述収録、マスコミインタビューなどで真実を発掘し知らせることに没頭していたら、いつのまにか17年が過ぎ、何の予告もなく“法”とぶつかった。その出会いは極めて不快なものだった。

大韓民国ベトナム戦参戦者の会(参戦者会)のチャン・ウィソン福祉部長(72)が、検察から連絡を受けたのは今年5月だった。

つづく

続きを読む

  • 2016 10.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 02.22

    速報! 

注目記事