速報! 『韓国の”正史”を嘲笑う米博物館』に韓国世論が激しく沸騰中。なぜ世界の人々は我々に注目しない

この記事は2分で読めます

『韓国の”正史”を嘲笑う米博物館』に韓国世論が激しく沸騰中。なぜ世界の人々は我々に注目しない

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 22:45:56.65 ID:???.net
2015年7月13日、韓国・聯合ニュースは、世界4大博物館の1つである米ニューヨークのメトロポリタン美術館で、韓国の歴史が歪曲(わいきょく)されていると伝えた。

韓国の市民団体「VANK」は12日、「メトロポリタン美術館の『韓国館』では、古朝鮮の歴史が省略されている。また、韓国関連の地図には鬱陵島や独島(日本名:竹島)が描かれていない」と指摘した。さらに、『中国館』の漢王朝を説明するコーナーには、万里の長城が韓国の平安南道地域まで描かれている地図が展示されているという。

VANKのパク・キテ団長は「世界的に有名な美術館が、『万里の長城が朝鮮半島まで続いていた』と主張する中国の東北工程(中国東北部の歴史研究を目的とする中国の国家プロジェクト)を支持するような地図を堂々と展示することは、世界中の人々に韓国に関する間違った歴史認識を植え付けてしまう可能性があり、とても危険だ」と指摘。また、古朝鮮の歴史が抜けていることは日本の歴史教科書の主張と合致しており、「日本が歴史歪曲をするための国際的な広報根拠として活用する可能性がある」と懸念している。

VANKは「メトロポリタン美術館にある韓国館は、日本館や中国館よりもはるかに規模が小さい。日本や中国の歴史主張をそのまま外国人が受け入れないようにするには、韓国の主張をしっかりと紹介するとともに、在米韓国人らが積極的に活動しなければばらない」と訴えている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「韓国政府は日本政府に比べて、歴史問題に興味がないようだ」
「韓国という国自体に存在感がないから仕方ないよ」

「このようなニュースを見るたびに強いストレスを感じる。韓国政府は金のことしか頭にないの?このままでは、日本