速報! MEGACRISIS(巨大危機)異常気象との闘いで人類は生き残れるのか? 

この記事は2分で読めます

MEGACRISIS(巨大危機)異常気象との闘いで人類は生き残れるのか?

シベリア永久凍土のメタンガスが主犯なら対策はもうなしですか?
…..美しい国・日本と心優しい日本人を残すために何でもやらなきゃね!

…..なでしこりんです。NHKは普段は見ないのですが、「NHKスペシャル」に関しては受信料負担者の権利として見ています。今日は「異常気象」の話でした。確かに「落雷」は増えたような気がしますが、でもあれって、「視聴者提供」の映像」が増えたことも大きく影響していると思いませんか? 今や日本は「1億総カメラマン」の時代ですから、その分、落雷映像も数多く見られます。中には落雷が直撃した人の映像までありますものね。

………………………. 

…..「地球の温暖化」 については「二酸化窒素の規制」が少し前までは話題になっていました。でも今日の放送では「シベリアのメタンガス」が注目されていました。私の聞き間違えかもしれませんが、「自然界のメタンガスは植物と動物のゲップ」と言ってたような・・・・。動物のゲップってメタンガスなんですか?ww 

………………………. 

….冗談は さておき、シベリアの永久凍土が解け始め、そこから大量のメタンガスが放出されるんだとか。しかもメタンガスが地球の温暖化に与える影響は二酸化炭素の28倍だとか!じゃあ、二酸化炭素云々というのは、もはや地球の温暖化の主犯ではないのかも? シベリアのメタンガスは垂れ流しみたいですね。

………………………. 
…………………….日本も温暖化してるよね?(渋谷) .

…..10年、20年前に比べると明らかに気象観測の精度が上がっていますが、それでもやはり、台風などの自然災害が増えたことは体験的に感じます。日本は20年前よりも明らかに熱帯化してますものね。小学生や中学生の頃にはあまり感じなかった暑さが最近はこたえます。それって「年のせい」なんでしょうか? 日本の熱帯化ですよね!

………………………. 

…..最後に、いざという時には必要なのは「救命胴着と助け合いの心」だと思います。救命胴着を着ていれば、いざ洪水の際にはおぼれずに済みますし、頭の保護にも使えます。薄くて浮力がある生地を使って作られた普段着仕様の救命胴着があると便利かも。助け合いの心については日本人なら自然と身についているはず。美しい日本と心優しき日本人を残すためなら何でもやらなきゃね!  By なでしこりん  

  • 2016 09.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事