速報! ”GalaxyNote7爆破騒動”の『色々な意味で情けない裏事情』が暴露された模様。悪いのは韓国ではないと主張開始

この記事は1分で読めます

”GalaxyNote7爆破騒動”の『色々な意味で情けない裏事情』が暴露された模様。悪いのは韓国ではないと主張開始

1:荒波φ ★@\(^o^)/:2016/09/02(金) 09:19:34.00 ID:CAP_USER.net

先月19日に発売されたサムスン電子のギャラクシーノート7が爆発問題に揺れているなか、中国で生産されたバッテリーが問題である可能性もあるとの推測が出てきた。

韓国メディア「朝鮮Biz」は1日、韓国で発売されたギャラクシーノート7に中国で生産されたバッテリーが使われていたことが確認されたと報じた。

これによると、ギャラクシーノート7の発火や過熱問題も中国製バッテリーと無関係ではないという分析が出てきている。

同紙が入手したギャラクシーノートの解剖イメージによると、相当数は中国のDongguan ITM Electronics社が製造してサムスンSDIが輸入した製品であることが確認された。

バッテリー裏面には「MADE IN CHINA」という表示が鮮明に刻印されていた。製造日は7月29日だ。ギャラクシーノート7の初期物量に使われた製品であることが分かる。

電子業界関係者は「サムスン電子はこれまでギャラクシーSとノートシリーズには、サムスンSDIが生産したバッテリーと中国製バッテリーが混用して使われていた」とし「ギャラクシーノート7の発火に関する写真を見ると、バッテリー位置が燃えているのでバッテリーが原因である可能性は十分にある」と述べた。

2016年09月02日06時49分 [中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/150/220150.html?servcode=300§code=330&cloc=jp|main|top_news

続きを読む

  • 2016 09.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事