速報! 全米興行4位「KUBO AND THE TWO STRINGS」 中韓からの留学生って必要? 

この記事は2分で読めます

全米興行4位「KUBO AND THE TWO STRINGS」 中韓からの留学生って必要?

ジャパニーズカルチャー恐るべし!久保さんと折り紙ファンは必見!
…..中韓を中心にした留学生制度は「泥棒に追い銭」になってませんか?

…..なでしこりんです。日本の子供たちが「漢字の試験」に取り組むように、アメリカの子供たちは「スペリングコンテスト」に取り組んでいます。マサチューセッツなら「m・a・s・s・a・c・h・u・s・e・t・t・s 」と答えるわけです。

……………

….何年か前 のアメリカの全米スペリングコンテスト決勝戦の問題に「origami」という単語が出題されていました。もちろん「折り紙」のことで、すでに英語として認知され、文化として浸透していることに驚くと同時に、アメリカ在住の日本人の皆様のご苦労あっての認知と浸透と改めて感謝の思いを持ちました。

…………    

…..今日 ご介する映画も予告編を見ただけで「日本の折り紙文化」が生きているのがわかります。題して「KUBO AND THE TWO STRINGS」。「クボと2丁の三味線」という感じでしょうか? 折り紙に関しては「Taro’s Origami Studio」の名前が見えますが、脚本家はアメリカの方のようですし、「それ、ちょっと違うでしょう」という場面もあります。

…..…………..    
…..…..….. Matthew McConaughey,Charlize Theron, .…....George Takei,….…..Ralph Fiennes

….それでも  日本を舞台に作品が作られていることは、日本人としては喜ぶべきことなのかもしれませんね。全米興行ランキングでは初回で4位ですから高評価なんでしょう。声優さんのメンツも超豪華です!

……………

…..昨今 のハリウッド映画は、チャイナマネーの影響で「日本が敵役」の作品が増えています。ある意味「中国による反日プロパガンダ映画」なんですが、アメリカ人にとっては「売れれば何でもよい」のでしょうね。実際、中国の人口は13億人。日本の10倍ですから仕方ありません。ただし、中国の購買力が日本の10倍あるわけではないのですが・・・・。中国経済の影響力と反日教育が続く限り、この傾向が止むことはないでしょう。

…………… 

…..日本の文部科学省 は中国人や韓国人を留学生として受け入れるのはもう止めるべきです。中国人や韓国人を優遇しても、それは「ドブに金を捨てる」のと同じ。なぜなら、中国や韓国はすでに社会全体が「反日社会」であり、中国人や韓国人にとっての日本留学はステイタスにはなりえませんし、留学生が反日勢力に対抗する勢力にもなりません。

…………… 

…..中国人留学生 や韓国人留学生もその辺は割り切っていて、「日本ではお金を貯める」ことに専念しているようですし、中には日本から産業情報を「盗む」中韓留学生もいるわけです。日本の資金で「泥棒」を援助するなんて許されませんよね。中韓留学生への支援は、まさに「泥棒に追い銭」でしかありません。無駄なことはもう止めにしませんか?

…..私は 中韓留学生に無駄なお金を使うのならば、中韓以外の国家からの留学生の受け入れか、日本文化をポジティブに取り上げてくれる外国人に奨励金を出したほうがマシだと思っています。まあ、とにかく、「日本嫌いを日本国内に入れる」なんて愚かなマネだけはもう止めにしてほしいです。 By なでしこりん

  • 2016 08.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事