速報! サード問題と在韓米軍。北朝鮮の軍事国家化を支えているのは在日朝鮮人ですか? 

この記事は2分で読めます

サード問題と在韓米軍。北朝鮮の軍事国家化を支えているのは在日朝鮮人ですか?

北朝鮮の軍事大国化の資金源が在日朝鮮人なのは常識だよね!
…..在日情報は民団によって韓国に送られ「兵役拒否」はもうできない!

…..なでしこりんです。インターネットをやっていますとさまざまな広告に出会います。それらの広告を見ていると、「ある種の傾向がある」ことに気づきます。たとえば私はどこかの通販から商品を購入したら、その商品の類似の広告が一斉に届きますす。おそらくどこかで私の「購入記録」が記録され、私が購入した商品から私の購入性向を判断して広告をピンポイントで打つのでしょう。韓国ネタを書くと、韓国旅行の広告が届くのにはウンザリですが・・・・。今日はこんな記事が!

………………….. 

…..米国の下院軍事委員長(共和党)は今後、韓国が地上軍兵力を増強し、在韓米軍を削減する方向に進むべきだと主張した

…..23日アメリカの声(VOA)放送によると、下院軍事委員長は外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」8月号への寄稿を通じて「国防予算が削減されている状況で米国は、予算をより効率的に活用する新たな軍事戦略を立てなければならない」と明らかにした

…..委員長は「韓国は北朝鮮よりも人口が2倍も​​多く、経済規模も10倍になる」とし「韓半島に配置する必要が地上軍兵力の負担を、韓国が時間をかけて増やしていくことが可能」と述べたhttp://horukan.com/blog-entry-4652.html

…..2015年3月時点 での在韓米軍の総数は2万9041人だそうです。そういえば先月(7月)、在韓米軍は、北朝鮮との国境に近い東豆川の基地からソウルの南部にある平沢に部隊を移動させました。常識的に考えれば「危険の回避」でしょうね。

……… 

…..私たちが 想像する以上の早さで北朝鮮の軍事大国化は進行しています。海中の潜水艦からの弾道ミサイル発射は日本の防衛にとっても危機です。でも、そういう技術や資金、頭脳はどこから供給されているのでしょう。お金と頭脳はまちがいなく日本からでしょうね。技術はロシアでしょうか? 北朝鮮にとっての日本の朝鮮総連や在日朝鮮人は便利な自動現金支払機(ATM)なんでしょうね。日本国内に北朝鮮の資金源がある」ことに私たち日本人はもっと危機感を持つべきです。

…..一方、アメリカ政府にとっての在韓米軍の存在は「お荷物」なんでしょうね。韓国の左派政権時代に要求された「戦時作戦統制権の返還」は本来は2015年12月に変換が決まっていましたが、パク・クネ政権は「延期」を求めています。

………………….. 

…..今回は さらにアメリカの求めに応じて「高高度防衛ミサイルシステム(THAAD)」を受け入れ、宗主国の中国に怒られています。韓国の輸出の4分の1は中国向け。中国に経済を支配されている韓国が中国様の怒りを買うとどうなるか? 韓国が中国の脅しに屈してアメリカとの約束である「サード配備」を反故にしたら・・・・。

………………….. 

…..おそらく アメリカ政府は今後、在韓米軍を急激に削減させるでしょう。もし仮に2万9041人のアメリカ兵が韓国から消えたら補充しなきゃいけませんよね。韓国軍を2万9041人を増やすとなると、該当者は「あの連中」しかいません。そう、在日韓国人兵です。

……. 
 
…..韓国政府は 民団を使って「徴兵」をかけてきますよ。その際、韓国の選挙に投票したか否かの記録もきちんと記録されていて、韓国の選挙をさぼった在日は「北のスパイ」扱いされるかも? 在日韓国人は「その時」のために今から韓国への絶対奉仕を心がけましょう。人はいつかは死ぬのです。同じ死ぬのなら祖国のために死にたいもの。私は美しい日本を守るために戦います。在日韓国人は朝鮮半島のために頑張ってください。By なでしこりん 

  • 2016 08.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事