速報! 海上保安官が殉職!救援救助活動は命がけの行為、任務にあたる全ての人々に感謝! 

この記事は2分で読めます

海上保安官が殉職!救援救助活動は命がけの行為、任務にあたる全ての人々に感謝!

自分の命を顧みずに他者を助ける任務の人々は称賛されるべき!
…..日本の左翼が中国による対外侵略にダンマリなのはなぜですか?

…..なでしこりんです。自衛隊や海上保安庁、警察、消防の隊員さんたちは、災害があるとすぐに駆け付けてくれますが、「任務に命のリスクがある」ことは「なでしこりん」では何度か書いてきました。今日はそのリスクが現実なってしまった「悲しい記事」です。

……………………. 
………………………..救難活動は常に死の危険と隣り合わせ

…..第2管区海上保安本部によりますと、午後2時ごろ、福島県南相馬市の海上で行方不明の男性の捜索をしていた宮城海上保安部の小型のボートが転覆し、海上保安官5人が海に転落したということです。  海上保安部によりますと、5人はヘリコプターや船に救助されたり、自力で陸にあがったりしましたが、このうち、42歳の海上保安官が心肺停止の状態で病院に運ばれたということです。 当時、現場付近は波の高さが1.5メートル、うねりが3メートルだったということです。(NHK 8月21日)  その後、死亡が確認されましたhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160821/k10010645541000.html

…………………… 

…..先日、尖閣沖で沈没した中国漁船の漁民6名を日本の海上保安庁が救助しましたが、画像で見ても大変危険な状況であることが分かります。「救助に向かった人が亡くなる=殉職」は過去、幾度も繰り返されてきました。それでも、「人は人を救わねば」と考える生き物のようです。これって人類愛なんでしょうか?

…………………… 

…..私が  申し上げたいのは、国防や治安、救援救助に携わっている人たちは、「わが身の危険を顧みず他者の命を救おうとする人たち」ということを、私たちは理解すべきですし、私は常に感謝の思いを忘れません。実際、彼らが働く場所には常にリスクがあるのですから。

…..…. 
…..….日本共産党には中国によるウィグル虐殺が見えないらしい。

….「戦争反対」は  誰もが口にできる言葉です。では、他国からの侵略を受け、その相手に「戦争反対」を叫んでも効果があるのか? そのことに効果があると思う人は、中国に侵略されているチベットやウィグルの民の声に耳を傾けるべきでしょう。「戦争反対」を日本の国会前で叫ぶのは欺瞞でしかありません。日本共産党に指示された朝鮮太鼓デモ隊が、中国大使館や朝鮮総連にデモをしないことで、「彼らの素性」が明らかですよね。

…..….. 
….…...「反日教育」の期は熟した? 簡単に扇動される中国人たち!

…..、日本は中国の侵略の対象になっています。すでに中国では、中国人が経営している日本料理店でさえ脅迫が相次いでいるといいます。中国人を日本人の視点で見てはいけません。やくざにやくざの論理があるように中国人には中国人の論理があるのです。そんな連中の侵略から日本を守る人たちに私は感謝と敬意を持たざるを得ません。By なでしこりん 

  • 2016 08.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 10.10

    速報! 

  2. 2019 08.29

    速報! 

注目記事