速報! 中国の国防予算は日本の5倍以上!日本の安全を守れるのは結局、日本人しかいません! 

この記事は2分で読めます

中国の国防予算は日本の5倍以上!日本の安全を守れるのは結局、日本人しかいません!
「安全」は守ってくれる人たちがいてこそ安全が成り立っています。
…..自衛隊員の勤務条件改善は急務。自衛隊員あっての自衛隊でしょ!

…..なでしこりんです。今日の東京は時々強い雨が降ったおかげで、それほど蒸し暑さは感じません。災害には十分備えなければなりませんが、こうして季節は変わっていくのでしょうね。今年の「立秋」は8月7日だったそうです。関東に台風7号がもうすぐやってきます。
…..…..…..…..…..…. 

…..今日は 「備える」ということで、いささか畑違いではありますが軍事ネタをご紹介。関西に住んでいると粟津、山代、山中、片山津などの加賀の温泉郷の名前はよく聞きます。最近は美人おかみの「レディーカガ」でも有名でねす。加賀は能登と併せて石川県の古名です。

……….  

…..上自衛隊の 護衛艦「かが」が8月5日から海上公試を始めたというニュースを先日見ました。海上公試は試験運転ですね。「かが」は形態上の分類でいうと「ヘリ空母」にあたり、「ひゅうが」「いせ」「いずも」同様に多数のヘリコプターを搭載できるそう。ゆくゆくは垂直離着陸のできる戦闘機も積めるようになるといいですね。

…..…..…..…... 
…..…..…..…...自衛隊は防災対応機能が大変高い(いずも艦内)

…..聞くところによると、海上自衛隊では、①実戦部隊、②訓練部隊、③補修部隊でローテンションを組んでいるようで、詳しいことはわかりませんが、4か月ごとにでも配置がかわるのでしょうか? そうならば、主力艦船が増えることは海上自衛隊員の労働条件の改善につながると思います。3ローテが4ローテに変わるとずっと楽になりますものね。もちろん、自衛隊員のお仕事が「楽な仕事」とは思えませんが。

…..…..…..….. 
…..…..…..ユニクロのような売国企業でのお買い物は止めよう!

…..中国の軍事予算 は公称でも「日本の5倍」ですが、共産党政権のこの手の数字はほとんどデタラメで実際には5倍以上とも言います。ところがこの大問題を大問題視しない日本のマスゴミが多く、日本共産党なども沈黙したままです。中国に進出し、中国幹部にせっせとワイロを送り、中国の軍事費増大に協力している日本企業はそろそろ身の処し方を考えるべきではありませんか? 

…..…..…..…..…..…. 
…..…..…..…..…..「しばしの別れ」でもつらいよね。

…..日本は 世界一治安のよい国だと言います。でもそれは、ほとんどの駅前に警察の交番があり、そこに日々勤める警察官の方たちがいて、24時間治安を守ってくださっているお陰だからでしょう。「治安を守る」ということはそういうことです。人を守れるのは人だけです。「憲法9条」といくら叫んでも自分の身も家族の身も守れないのは明らか。日本の自衛隊が「国防軍」に改組され、十分な人員と装備が配置されることを望みます。 By なでしこりん 

  • 2016 08.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 10.28

    速報! 

注目記事