速報! これは悪質!共産党が桜井誠候補の選挙運動を妨害か?共産党は非合法化すべき! 

この記事は2分で読めます

これは悪質!共産党が桜井誠候補の選挙運動を妨害か?共産党は非合法化すべき!

言論活動への妨害行為は民主主義社会を破壊する暴挙だ!
…..日本共産党を非合法認定すれば共産党公務員は追放できる!

…..なでしこりんです。桜井誠候補が選挙妨害や脅迫を受けていることはすでに報じられており、実際、選挙妨害を行った人物は逮捕されています。逮捕された犯人の政治的背景や組織的犯行の有無も知りたいところですが、そういうことが明らかにされることはあまりないようですね。

…..  

…..ところが 今日の日本共産党の国会議員による「選挙妨害」はあまりにひどく、これが日本共産党の体質ならば、日本共産党は「民主主義の敵」ですね。東京都知事選に立候補している本人が演説しようとしている場所で、都知事選候補者を連れてこないで、共産党の議員だけで選挙運動をすること自体がおかしい。共産党の笠井がやっている行為は選挙運動ではなく「桜井誠候補への個人的嫌がらせ」でしかありません。

……….  
………………笠井が桜井候補を狙ったのは笠井が韓国通だから?

…..選挙は 論戦であって、物理的な妨害を行えば、もはや民主主義社会における論戦ではなくなります。今日(7/30)、日本共産党の笠井がやったのは、演説ではなく、桜井誠候補への言論妨害でしかありません。日本人は「譲り合いの精神」を持っていますが、日本共産党にはその精神はないようです。

…………………. 

…..日本共産党 は破防法の監視対象団体です。日本共産党は現実に、北海道で白鳥一雄警部を組織的に殺害していますし、警察署の襲撃も行っています。私は今日の組織的な妨害映像を見て、日本共産党が「暴力革命路線」に戻ったことを強く確信しました。

…..地方公務員法(昭和二十五年十二月十三日法律第二百六十一号)
 「第十六条」(欠格条項)次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない”(一~四は省略)

…..五  日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

…..以前、ご紹介しましたように、日本の地方公務員は「地方公務員法第16条」で「欠格条項」を設けています。国家公務員にも同様の欠格条項があります。要するに「日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者 」は公務員にはなれないということです。

…..…..共産党がやっていることは「音の暴力=街宣右翼」と同じ!
…..…....

…..私は、日本の国家公務員&地方公務員から日本共産党員を完全に排除すべきだと思います。一定数の共産党公務員を排除できれば、それだけで共産党の財政基盤は壊れます。今日、共産党の笠井がやったことはそれぐらいのペナルティーを与えるべき「犯罪行為」です。笠井がやったのは演説ではなく、大音量で言論を封殺したんです。日本共産党を甘やかすべきではありません。民主主義を食い散らかす害虫は駆除すべきです。By なでしこりん 

  • 2016 07.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事