速報! 50歳代中学校教諭 「自公が3分の2を取ると戦争に行くことに」と中学生を脅迫!共産党教員ですか? 

この記事は3分で読めます

50歳代中学校教諭 「自公が3分の2を取ると戦争に行くことに」と中学生を脅迫!共産党教員ですか?
地方公務員の日本共産党員がもっと恐れるのが「地公法16条の五」
…..民主主義国家である日本を「暴力で破壊する自由」はありません!

…..なでしこりんです。私のブログを読んでくださっている方は、公立私立を問わず、すべての教員は「教育基本法」を順守する義務があることをご存知だと思います。にもかかわらず、肝心の教育現場では「教育基本法無視」の教員が後を絶ちません。しかも、そのほとんどが「50歳代の教員」ばかり。30年前の採用担当者は何を見ていたのでしょうか? 記事は「読売新聞」からです。

…..…..…..…..….. 

…..参院選期間中の5、6日、名古屋市立中学校の50歳代の男性教諭が社会の授業で「与党の自民・公明が議席の3分の2を獲得すると、憲法改正の手続きを取ることも可能になる」「そうなると、戦争になった時に行くことになるかもしれない」などと発言し、その後、生徒に「誤解を与えた」と謝罪したことがわかった。

…..市教育委員会などによると、教諭は1年生6クラスの授業で、参院選や「18歳選挙権」に言及。「将来、徴兵制の問題も出てくるかもしれない」「韓国のように一度軍隊に入る国もある」「みなさんも18歳までまだあと5年あるが、よく勉強して」とも話したという。

…..保護者らを通して発言を確認した市教委は「教育基本法で求められている政治的中立性の観点から不適切」と同校に連絡。教諭は7日、各クラスで「具体的な政党名を出して、誤解を与える話をしてしまった。挙げた例がよくなかった」と謝罪した。同校は教諭を口頭で注意したというhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00050004-yom-soci 

..…..…..…..
…..
教育基本法
の8条の2に「特定の政党 を支持し、又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない」 と書かれています。憲法9条が大好きな連中はなぜか、この8条の2の条文は嫌いなようです。でも、共産党の洗脳を受けていない若い世代の教師からこの問題が起こらないのはよいことです。共産党教員の寿命はあと10年ぐらい?

..…..….. 
..…..…..…….志井和夫「革命という言葉に血が騒ぐ」  キモイ~!

…..教育基本法 は「学校の教員」向けの法律ですが、実は、「共産党員がもっとも恐れる法律」は別にあります。公務員をされたことのある方ならご存知だと思いますが、こんな法律があるんですよ! それが「地方公務員法、第十六条の五」。

第十六条  次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。 (一~四は省略)

五   日本国憲法 施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

..…..…..….…..…..….…..…....   

…..今年に 3月に安倍内閣において、日本共産党が「現在においても破壊活動防止法(破防法)に 基づく調査対象団体である」という答弁書を閣議決定したわけです。この閣議決定の意味は、「もし今後、日本共産党が政府を暴力で破壊することを主張した場合は、公務員の中に潜む日本共産党員は全員『欠格条項』に抵触して免職にできる」ということです。もちろん、国家公務員にも同じ内容の「欠格条項」が「国家公務員法第38条の5」にあります。

…..私たちは 「レッドパージ(共産党員の一掃)」をネガティブに受け取りがちですが、あなたの会社や学校の中に「暴力で日本を破壊する」ともくろむ連中がいたらどうしますか? 特に公務員は「行政による強制力」を持つ仕事もあります。もし、共産党員が自衛隊員や警察官を指揮して政府を襲撃したら・・・。日本は自由があふれる国ですが、政府を暴力で転覆(革命)させたり、無辜の人々の生命を奪う自由はありません。破壊者は排除させるべきです。

..…..…..….…..…..….…..….... 
..…..…..….…..…..….…...日本の法がどんどん無視されていく!(川崎)

…..日本共産党 による「民青を偽装したシールズ」や「在日韓国朝鮮人を含むしばき隊」が今後、「政府を暴力で破壊することを主張す」れば、公務員である者はすべて免職にできます。更に、外国人である在日韓国朝鮮人に対しても「法務大臣の判断だけで」例外なく国外退去処分にできます。日本は民主主義国家です。暴力を使って日本の民主主義制度を破壊しようとする勢力にはそれなりの対応が必要ではないでしょうか? By なでしこりん