速報! ”習近平の95周年演説”に米国世論が『露骨な不快感を示して』炎上沙汰に。貪欲さが嫌われまくっている模様

この記事は1分で読めます

”習近平の95周年演説”に米国世論が『露骨な不快感を示して』炎上沙汰に。貪欲さが嫌われまくっている模様

1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/07/03(日) 00:33:54.42 ID:CAP_USER.net

20160701-06051208

写真は習近平国家主席。

2016年7月1日、AFP通信によると、中国共産党が開催した党創立95周年の祝賀大会で、習近平(シー・ジンピン)国家主席が演説し、中国は領有権問題で妥協しないとの立場を示した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

習主席は演説で、南シナ海の領有権をめぐる仲裁裁判所の判断が12日に出ることを念頭に、「どの国も中国が権益を捨てると期待してはならない」と述べ、自国の権益を守るためには(他国との間に)何か事が起こることも恐れないと主張した。フィリピンが仲裁裁判所に申し立てた仲裁手続きについて、中国は仲裁裁判所には管轄権のない問題であると主張し、反発している。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「国益の問題などない。これは中国による不快な貪欲さの問題だ」

「中国には友人がいないね」

「中国経済は限界に来ている」

「習近平氏は、新たな毛沢東氏だ」

「第三次世界大戦がもうすぐ始まるに違いない」

「彼が戦争を望んでいるなら、彼に戦争を挑めばいいんだ!」(翻訳・編集/蘆田)

http://www.recordchina.co.jp/a143688.html

続きを読む

  • 2016 07.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事