速報! 7月1日から「大阪市ヘイトスピーチ条例」が施行!日本の「言論の自由」の危機! 

この記事は2分で読めます

7月1日から「大阪市ヘイトスピーチ条例」が施行!日本の「言論の自由」の危機!

なぜ「いわれある」ことを批判した日本人が罰せられるの?
…..平成28年7月1日は日本人が「言論の自由をなくした日」になるの?

…..なでしこりんです。 明日は7月1日。明日から「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」が施行されます。私は「言論の自由」を「特定者の観点で制限する」ことは大きな間違いだと思っています。私が大阪で暮らしている時には、「在日韓国朝鮮人はいわれなき差別に苦しめられている人々」と教え込まれてきましたが、「在日が批判されるのは本当にいわれ(原因)はないのか?」という疑問を数多くの場面で感じました。実際、在日犯罪は多いですから、そのことを批判する声が多いのが現実です。

……………………. 

…..もちろん 個々の在日犯罪と個々の在日韓国人を安易に結びつけて、在日批判することは間違っています。でも、「日本人なら何人も殺そうと思ったという犯行動機の背景に、「強制連行や通名強制のウソ伝承」はなかったのか? 「強制連行や通名強制のウソ伝承」を広める時点での「日本人を憎悪させる教育」はなかったのか? 私は在日犯罪が多いのは、在日社会における反日教育の影響が大きいと見ています。

……………… 

…..私は、「在日犯罪の背景に在日社会における反日教育がある」と考えて、「在日社会における反日教育批判」をしてきましたが、7月1日から、「在日韓国朝鮮人が不快に感じた言葉はヘイトスピーチ」認定される可能性があり、発言者の氏名や住所も公開される可能性があります。これじゃ、もう「自由な発言」は無理ですね。 この条例は「嫌がらせや脅迫事件」を生み出す可能性が強いでしょう。条例は大阪市条例ですが、こんなのいくらでも拡大解釈する人が出てくるんじゃないかな? 

…………………………….. 

…..ということ、私も明日からは、私の発言が勝手にヘイトスピーチ認定されて、名前や住所が勝手に公開され、私の家や職場に変な連中が押しかけてきて、私が自殺に追い込まれるのは嫌だから、「自由な発言を制限」しようと思います。この条例が原因で死者が出たら、大阪市長やお維新の議員さんたちはどう責任を取るのでしょうね? 日本は日本人の国のはず。 特定の外国人のせいで「物言えぬ日本」に絶対にしてはいけないよね。 By なでしこりん

  • 2016 07.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事