速報! 『中韓関係が破綻したら日本に助けてもらう』と韓国が”図々しい外交方針”を吐露。日中のどちらかを優遇しすぎてはダメ

この記事は2分で読めます

『中韓関係が破綻したら日本に助けてもらう』と韓国が”図々しい外交方針”を吐露。日中のどちらかを優遇しすぎてはダメ

1:ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 07:48:25.25 ID:CAP_USER.net

韓国が北朝鮮問題に適切に対処し、非核化によって韓半島(朝鮮半島)の平和統一を実現するには、何よりもまず中国との関係が非常に重要であることは誰もが知っている。その一方で韓国はかつて日本の軍国主義による侵奪を経験したことから、安全保障政策で日本とは絶対に協力してはならないという強迫観念も非常に根強い。確かに過去を反省しない日本と手を握ることは非常に気分の悪いことだ。集団的自衛権を容認することで事実上の解釈改憲を断行した日本は、今や戦争のできる国として韓国の脅威になったという認識も広まっている。さらに韓日間による安保協力が進めば、韓国、米国、日本による三角協力体制が強化され、韓国が中国包囲網に一方的に取り込まれることへの懸念もある。

 しかし日本と協力することは、実は韓国の安全保障にとって非常に重要なのだが、この点はどうも見過ごされやすい。冷戦時代、韓国の安全保障政策を支えてきたのは、言うまでもなく共産圏に対抗する韓米日の協力体制だった。今では冷戦が終わり中国とロシアもわれわれの友人になったが、一方で北朝鮮が韓国にとって安全保障上の最大の脅威であることに変わりはない。この構造は北朝鮮で金正恩(キム・ジョンウン)体制が構築されたことで逆に一層強くなり、それに伴う不安定性あるいは予測不可能といったわれわれを苦しめる状況も以前にも増して深刻になっている。これは専門家たちの一致した見方だ。

 これまで韓国は経済成長を成し遂げ、自主国防の力を高めたことで、通常戦力では北朝鮮よりも優位に立ちつつある。そのため韓米同盟さえしっかりしていれば、北朝鮮の脅威には十分に対応できるとの見方もある。しかし平時ではなく有事の際について言えば、韓国の安全を維持するには、日本との協力は避けられない。その理由はまず米国の東アジア戦略にある。米国は同盟国である韓国、そして日本が北朝鮮という脅威に一致して対処することを前提に戦略を立てている。つまり韓日両国が協力しなければ、三角形の一辺が未完成の点線になってしまうのだ。もし韓半島で戦争が起こった場合、米国の支援は絶対に必要だが、米国が韓国を守り切るには在韓米軍だけでなく在日米軍も韓国の防衛に参加しなければならない。日本に国連軍司令部の基地が7カ所もあるのはそのためだ。海軍、空軍、海兵隊が主軸の在日米軍と、陸軍が主力の在韓米軍は同じ地域で共に行動する一つの単位だ。また日本の自衛隊による後方支援、具体的にはさまざまな物資や弾薬など軍需面での支援も韓半島で作戦を遂行するためには絶対に必要だ。これを可能にするため韓日両国は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)はもちろん、物品役務相互提供協定(ACSA)も締結し、制度面でこの体制を固めておかねばならない。

 それにはまず軍事情報包括保護協定に対する一般の誤解からまずは解かねばならない。韓国と日本がやりとりする軍事情報は、その多くが北朝鮮関連のもので、日本は北朝鮮に対する重要な情報源を保有している。北朝鮮に関することであれば、一つでも多くの情報を確保しておくことは韓国にとって絶対に必要だ。ちなみに韓国はすでに24カ国と軍事情報保護協定を締結しており、かつては敵性国家だったロシアとも情報交換を行っている。ただしこの種の情報協定を結んだからといって、こちらが知る情報を全て相手に提供する必要はない。あくまで可能性を開いておくという意味合いであり、情報交換の義務自体が生じるわけではない。従ってこの協定によって韓日両国が交換する情報のレベルを高めることは、北朝鮮と対峙(たいじ)する韓国にとってむしろ大きなプラスになるのだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/17/2016061701859.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/17/2016061701859_2.html

(>>2以降に続く)

続きを読む

  • 2016 06.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2018 12.30

    速報! 

注目記事