速報! 学力は遺伝?子育ては褒めて認めて抱きしめて! 北海道で小二男児行方不明! 

この記事は3分で読めます

学力は遺伝?子育ては褒めて認めて抱きしめて! 北海道で小二男児行方不明!
子供を突き放す行為は悪い結果しか生み出さないよ!
…..子供を安易に「勉強できない子」認定せずに違う方法を探してみて!

…..なでしこりんです。 教育の仕事に携わっていると、外見上は普通なのに、極端に成績不振のお子さんに接することがあります。そんな時は、「もしかしたらこの子、LD(エルディー)かも?」と考えます。 LDとは「Learning Disability」という英単語の頭文字で、日本語では「学習障害」と訳しますが「知能障害」ではなく、「読む、書く、計算する、聞く、話す、推論する」などの認知機能が部分的に機能できないことを言います。

…………………………….. 

…..LDのお子さん には外見上の障害はないのですが、小学校に上がって学習能力を評価する作業が始まると、その段階の中で見つかりことが多くなります。黒板の文字が書き写せない子は少なからずいます。その場合、「やる気がない」と判定されがちですが、文字の違いを識別できない子は、効率的に文字を使い分けられません。極端に文字の汚い人、計算が苦手な人、人の話を聞けない人にもLDの可能性があります。LDは特殊な症例ではありません。

…………………………… 

…..有名人 では「トム・クルーズ」が子供時代、bとd、pとqの区別がつかず、その結果、彼は「読む」という作業に大きなハンデを持っていました。LDという認識が教師の側になかった時代では、「文字もまともに読めない子=バカな子」扱いされて、イジメの対象になったそうです。

…………………………….. 

…..日本でも まだまだ、「勉強ができない=バカな子」という決め付けが多く、「親の学歴が子供の人生を決める」などという間違った推論さえ支持されています。でもね、私は親の顔つきや体格はかなり濃厚に遺伝するとは思いますが、学習能力の違いは環境の影響が強く、「親の高学歴=高い学習環境」は言えても、「親の高学歴=高い学習能力」とは見ていません。一卵性双生児でもあって、学習能力が同じとは限りません。

…………………………….. 

…..学校の教師 の仕事の実態は、成績という基準で生徒を順位付けすることです。小学校は絶対評価(到達度評価)ですが、中学の「教科内申点(調査書評定)」は厳密な相対評価。5段階評定の場合なら、5(7%)、4(24%)、3(38%)、2(24%)、1(7%)の割合で評定をつけますから、必ず評定5の生徒と評定1の生徒が出ます。私は相対評価を否定するつもりはないけど、1を付けられた子供たちの中にもLDの子供たちがいたことは間違いないでしょう。もし、その子供に合った指導をしていたら違う結果になったはず。そう感じている教員は多いと思いますね。現実的な対応は不可能でしょうが・・・・・。教員の中には苦しんでいる人もいます。

……………………………..

…..トム・クルーズ は文字の一部を瞬間的に識別できないLD(読字障害)のため、教師からは「文字も読めないバカな子供」認定されてしまったわけですが、彼を救ったのがレスリングと体操。ところが、高校時代に怪我をしてしまい、そこから演劇に転身するのですが、やっぱり、台本の文字を読むのが不得手でした。

……………………………  
………………………………………..トーマス・エジソン

…..そこで 彼がやったのが、台本を録音してもらって耳からの暗記。これって、視覚を使って文字を取得するのが苦手な子供にはよい学習方法だと思います。要は安易に「バカな子供」認定するのではなく、ハンデがあれば、違う方法でサポートすればよいということ。トーマス・エジソンは問題児扱いされましたが、お母さんの教育力で大発明家に! 世界初の録音機を作ったのはトーマス・エジソンです。若かりし頃のエジソンはトム・クルーズに似てませんか?

……………………………..  

 …..スーパーマーケット などで、若いお母さんがぐずつく幼児に対して、「言うこと聞かないにならここに置いていく」と怒ってらっしゃる場面に出くわすことがあります。でもね、子供はどんな場合でも「突き放す」ことは止めてほしい。たいていの場合、よい結果を生みません。

…..もちろん、イラつく気持ちは誰にでもあります。でも、私はそんな時には逆に、子供を抱きしめて、子供の心音を聞いてほしいと思う。場合によってはお母さんが大きな声を出して泣いてもかまわない。

…………………………….. 

…..私たち は何でも言葉で伝えようとするけど、「抱きしめる」という動作も、気持ちを伝える手段になると思うんです。子供の胸に耳を当てて、「ドッキンドッキン」の音を聞けば、子供の存在の崇高さが分かると思うし、お母さんの泣き声ほど、子供にとっては大きな関心事はないと思う。「一緒に泣く」と気分が晴れますよ!

…………………………….. 

…..このこと  をふと書いてみたのは、北海道で小学校2年生の男の子を、両親が「しつけ」のつもりで山に放置し、行方不明になった事件があったから。たとえ短い時間でも、子供を放置するのは「しつけ」とは言えないと思う。現時点はまだお子さんは見つかっていないけど、どうか無事に見つかってほしい。子供は親が望まなくても、いつかは親離れするものです。それまでは、いつも抱きしめていてもいいじゃないですか。 By なでしこりん 

  • 2016 05.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事