速報! 【また舛添か】舛添、東日本大震災の翌日に上海の土産物店で14万円購入 政治資金“消耗品”で支出 舛添都知事「記憶にありません」 他には子どものパジャマも「消耗品」として支出

この記事は2分で読めます

【また舛添か】舛添、東日本大震災の翌日に上海の土産物店で14万円購入 政治資金“消耗品”で支出 舛添都知事「記憶にありません」 他には子どものパジャマも「消耗品」として支出
1ノーライフキング ★2016/05/26(木) 20:15:25.91 ID:CAP_USER9.net

舛添氏 上海の土産物店で14万円購入、政治資金“消耗品”で支出
政治資金の使い道をめぐり、疑惑が噴出している東京都の舛添知事ですが、5年前、東日本大震災が起きた日の翌日、上海の土産物店で政治資金を使っておよそ14万円の買い物をしていました。いったい何を購入したのでしょうか。26日朝、IOCの会合に出席しメンバーらと笑顔で挨拶を交わす舛添都知事。政治資金の私的利用の問題をめぐり、新たな疑惑が浮上しました。
4ab22d0a060a12e78cd7c89a068253d2

中国の上海国際空港。たくさんの土産店が並んでいます。このなかの、ある土産店で舛添知事が買い物をしていました。日付は2011年3月12日。舛添知事は東日本大震災のあった3月11日に中国・上海で講演。「上海を訪れた舛添知事は、政治資金の中からおよそ14万円を消耗品として支出していますが、使用した先は空港の中の店舗でした」(記者)
95e6e362f9e37622778d05574e66aad9

政治資金収支報告書によると、舛添知事は空港内の土産店で13万9178円を支出。名目は「消耗品」で、中国の当時のレートで換算すると、およそ1万1000人民元。何を購入したのでしょうか。「(工芸品の)最も高いもの?数千元のものもありますよ。(1万1000人民元なら)高額な服を2、3着分くらい」(中国の土産店店員)

この土産店は、中国の民族衣装や伝統工芸品を扱っているといいます。「パンダは中国の国宝です。パンダの文房具やお土産もあります。自分用でもいいし、人にプレゼントしてもいいですよ」(中国の土産店店員)土産店で購入した「消耗品」。政治資金から支出したのは適切だったのでしょうか。先週の記者会見では。

「東日本大震災の翌日なんですが、上海で13万円も何を購入したのか?」(記者)「これも今、記憶にありません」(舛添要一都知事)
6beae1d19ab3fa65e76938567bd0d9e1

舛添知事の過去の政治資金収支報告書には、「消耗品」として数多くの支出が記載されています。舛添知事の別荘がある神奈川県湯河原町。町にある衣料品店では、こんなものも消耗品として購入されていました。「(自分の)肌着と子どものパジャマ。レシート式の領収書で宛名は書かないです」(衣料品店の店員)
6542222f111f4287cee462a694620349

都内の文具店でも消耗品として支出が。「書道の勉強がしたいので何から勉強したらいいかなと。その時は領収書なんて何も言わなかった」(文房具店の店員)15年ほど前から書道の勉強をしたいと言って、この文具店をよく訪れ筆などを購入。最初の数年は領収書をもらっていなかったといいます。政治活動と関係があったのでしょうか。6日後に都議会が迫り、民進党会派は舛添知事の疑惑について調査チームを設置。政治資金が使われた様々な支出。消耗品も適切だったのでしょうか。都議会での追及も厳しさを増しそうです。

TBS 2016年5月26日16:48
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2782937.html


続きを読む

  • 2016 05.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事