速報! ”日本製人気ゲーム”を韓国が『違法にコピー流布して』勝手に自滅した模様。著作権違反は完全無視された

この記事は2分で読めます

”日本製人気ゲーム”を韓国が『違法にコピー流布して』勝手に自滅した模様。著作権違反は完全無視された

1:蚯蚓φ ★@\(^o^)/:2016/05/19(木) 20:41:16.07 ID:CAP_USER.net

i

▲「シルヴィを育てる」画面キャプチャー

児童を性的に虐待する内容の日本ゲーム「シルヴィを育てる(原題:奴隷との生活)」(本誌2月3日付13面)をオンライン上に流布したネチズン15人が警察に摘発された。

釜山(プサン)警察庁サイバー捜査隊は児童・青少年の性保護に関する法律違反容疑で流布者、イ某(20)とサイト運営者キム某(19)など15人を不拘束立件したと19日明らかにした。警察によればイ容疑者は昨年10月頃、シルヴィを育てるゲームを韓国語に翻訳して自身のインターネットブログに掲載・流布した容疑を受けている。

キム容疑者は海外にサーバーを置いて広告収益を目的に昨年11月からこのゲームなど3,488件のわいせつ物を掲載した容疑だ。特にキム容疑者は会員加入手続きなしで自身のインターネットサイトに接続すればすぐにゲームが実行できるようにし、このゲームの扇情性と不法性を扱ったメディア報道については、自分の社会関係網サービス(SNS)に「大々的な広報、心より感謝する」とバカにする文を載せた。

この他にチョン某(23)など13人は昨年11月から特定インターネットサイトのポイントを得るためにこのゲームをアップロードして流布した容疑を受けている。

警察は主要インターネット・ポータルサイトに協力を求めて該当ゲームを禁則語に設定し、摘発した淫乱サイトは閉鎖した。警察は追加流布者について捜