速報! 舛添と韓国の癒着「東京韓国学校増校」許すな!定員オーバーのBSTを助けてあげて! 

この記事は2分で読めます

舛添と韓国の癒着「東京韓国学校増校」許すな!定員オーバーのBSTを助けてあげて!

….定員割れ東京韓国学校の増校は舛添と韓国の癒着でしかない!
……….国際貢献を言うならば、定員オーバーの外国人学校を優先すべき!

…..なでしこりんです。私のブログでは何度か「東京韓国学校は定員割れしている」ということを指摘してきましたが、どうやらマスコミもその事実を報道し始めたようです。結局は、韓国学校問題は「舛添による韓国への便宜供与」じゃないんですか? 舛添は韓国から何をもらう予定なんでしょう? 記事は「夕刊フジ」からです。

………. 

…..東京都の舛添要一知事(67)が、旧都立高校を韓国人学校増設のために韓国政府に貸し出す方針を決めた問題で、注目すべき新事実が明らかになった。

…..都の外国人学校に関する資料を夕刊フジで独自入手したところ、韓国人学校の充足率は100%未満だが、英国人学校など3校が定員を大きくオーバーしていたのだ。「政治とカネ」の疑惑だけでなく、舛添氏に「韓国優遇」との批判が高まる可能性がありそうだ。

…..夕刊フジが入手したのは、都生活文化局私学部が3月25日付で作成した「都内外国人学校(認可校)の状況」という資料。26校が対象で、左上に【取扱注意】と記されている。

…..これによると、東京韓国学校(新宿区)の初等部(=小学校)は定員720人に対し、実際の児童数は707人で充足率は98%。同学校中・高等部も定員720人で、実際の生徒数は582人、充足率は81%だった。

…..一方、日本で唯一の英国人インターナショナルスクールである「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」(渋谷区、幼稚園・小学校)は定員300人で、実際の児童数は367人、充足率は122%。分校にあたる「ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和」(世田谷区、小学校・中学校・高校)も定員385人で、児童・生徒数は501人、充足率は何と130%に達していた。

…..他にも、充足率108%という外国人学校が1校あった。いずれも、2015年5月1日時点の実数という。 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160519/dms1605191140004-n1.htm

….. 
…..これがブリティッシュ・スクール・イン・東京(BST渋谷)」

…..私は 渋谷に住んでいたこともあるので、「ブリティッシュ・スクール・イン・東京(BST渋谷)」の生徒さんは何度か直接見かけたことがあります。BST渋谷には学校内に広いグランドがないので、主に「代々木公園の陸上競技場(織田F)」を借りて「体育」の授業をやっていました。今回、BST渋谷校とBST昭和の定員超過率が判明しましたが、いずれも122%と130%ですから、国際貢献の見地からすれば、こういう学校こそ優先配慮すべきですよね。

…..一方東京韓国学校が定員割れしていることは韓国ウォッチャーの中では常識でした。(朝鮮学校はさらに生徒がいない!)。おまけに、東京韓国学校は「韓国の教科書」を使って「反日教育」を行っている反日教育の拠点校でもあります。こんな連中への配慮は、配慮ではなく「えこひいき」であり、舛添と韓国の「取引」以外の何物でもありません。

…………………… 
…………………….定員割れしている東京韓国学校の増校は無駄でしかない!

…..今回の 「夕刊フジ」の記事は大事です。ぜひ皆様の手でもこの「事実」を広めてください。舛添の進退にかかわらず、東京韓国学校増築なんて「あってはならない」ことなんです。韓国はご承知のとおり、「日本は戦犯国家」と呼んでいる敵国です。日本を敵視し、日本国民を犯罪者視するような連中を日本にいさせてはおいてはいけないんです。 By なでしこりん 

  • 2016 05.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2019 07.12

    速報! 

注目記事