速報! 文春より早い舛添スキャンダル? 不倫三つ股交際の舛添は種馬&馬主だった! 

この記事は3分で読めます

文春より早い舛添スキャンダル? 不倫三つ股交際の舛添は種馬&馬主だった!

….馬主になるほど競馬好きの舛添にとっては養育費より競馬?
………既婚者でありながらの不倫三股交際!挙句に3人の婚外子は異常!

…..なでしこりんです。舛添と競馬についてはすでに「愛人女性A子さんとの養育費裁判」の時点で知られている有名な話です。「子供の養育費を競馬の支払いに使った」ことがA子さん側の弁護士の調査で判明したんだとか! ちなみに舛添の最初の子供(長男)は1988年に誕生しています。彼には障害があるそうです。

………………………. 
…………………………..舛添ほど韓国国旗が似合う男はいない!

…..少し さかのぼります。舛添の最初の結婚は1978年で、相手はフランス人女性。ですが1981年に離婚。舛添が1986年に再婚した相手が片山さつきさん。彼女は当時は大蔵省勤務のキャリア職員でしたが、結婚生活はわずか2年3か月でジエンド。ですから、舛添は片山さつきさんと結婚している期間に、愛人女性Aさんとも肉体関係を持っていたようです。

………………………….. 
…………………………..イメージ(記事とは関係ありません)

…..さらに 興味深いのは、今度は愛人女性B子さんが1990年に長女を出産しています。B子さんとの交際開始時期は不明ですが、舛添が最悪の場合、「三股同時交際」していた可能性もあります。B子さんは1995年に次女も出産しています。現在の奥さんである雅美さんとの結婚は1996年です。雅美さんは、「舛添が3人の子持ち」ということをご存知だったのでしょうか?

………

…..ここで 「舛添と競馬」の話に戻りましょう。中央競馬や地方競馬の馬主になるにはる程度の資産がないと「馬主資格」は取れないそうですから、当時の舛添には相応の資産があったのでしょう。ただし、聞くところによると、「馬主は儲からない」そうで、どんなに高額な馬を買っても、必ず勝つとは限らず、その一方で毎月の「預託料」が馬一頭に付き50~60万円はかかるそうです。

……………………. 
……………………1998年の東京ダービー(大井)で勝ったのは舛添所有のアトミックサンダー号

…..そりゃ、競走馬は雑草は食べませんし、調教師や厩務員さん、調教助手や獣医さんの人件費もかかります。レースに出すにも「登録料」がかりますから、よほどのお金持ちでないと馬主は続けられません。馬主登録を見る限り、舛添の持ち馬はもうすべて競走年令は過ぎているようですから、舛添はすでに馬主を辞めているようです。ただ、馬主時代に「借金」を抱えた可能性は十分ありえます。

…………………………………….. 

…..既婚男性 が妻以外の女性と肉体関係を持つことに罪悪感を持たないとするならば、そんな男は「カスの中のカス」なんでしょうね。でもそういう奴が今、東京都の知事をやっているわけです。こんなカス添を引っ張りしてきた公明党=創価学会は東京都民に謝罪すべきでしょう。 ついでに、こんなカス添を推薦した自民党も舛添に辞任を求めるべきでしょう。

…………………………….. 

…..「舛添6月1日辞任説」 が出ているのも、「都知事の6月期・期末勤勉手当の起算日が6月1日だから」という説もあります。6月1日まで在職していれば夏季のボーナスが満額もらえるそうです。東京都の条例では舛添の月給は134万円ですから、夏のボーナス(期末勤勉手当)は「月給×支給月数2・025月」で270万円。月給と合わせると400万円を超えます。

…………………………….. 

…..中には 「舛添は絶対に辞めない」と見る向きもあるようですが、それはどうでしょうか? すでに舛添の3女と次男は登校拒否でしょうし、都民からは検察に刑事告発されています。政治の世界では「辞任と起訴猶予」が取引材料になることがあります。舛添が「絶対に辞めない」という意地を通せる状況にはすでにありません。私は、「舛添辞任→家族で海外避難」だと見ています。海外好きの舛添にはもってこいの結末じゃないですか? By なでしこりん

……………………………和風ですが英語ぺらぺらの国際派!

………………………………… 
……………………………都知事候補、出たい人より出したい人を!

  • 2016 05.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事