速報! ドイツ難民宿舎放火はシリア難民の自作自演! では、新大久保の差別落書き事件は? 

この記事は2分で読めます

ドイツ難民宿舎放火はシリア難民の自作自演! では、新大久保の差別落書き事件は?

…..移民・難民問題、日本は「ドイツの失敗」から学びましょう!
….….悪質な移民・難民を一旦国内に入れると取り返しの付かない事態に!

….なでしこりんです。ヨーロッパにおける難民問題。実はもうヨーロッパ側では難民の受け入れを停止していることを日本の左翼メディアは「報道しないしない自由」を使って、日本国民には伝えていません。現在はギリシアからトルコに逆送還の段階であり、その費用をヨーロッパ側が負担しているのが現状です。

….….….…. 

….そりゃそうでしょう! ドイツでは難民の無制限受け入れに反対している「ドイツの選択肢」という保守愛国政党が急伸張していますからね。メルケル首相だってバカじゃない。ブサヨメディアに踊らされて、「難民歓迎」なんてバカなことをやってしまって、現状では政権の維持さえ赤信号ですから。今日は共同通信の記事を産経が配信しています。ブサヨの共同、どうしたの?

….….….….…. 

….ドイツ西部ビンゲンで7日、難民らが住む住宅から出火し6人が軽傷を負った火災は、この住宅に住むシリア人の男(26)による放火事件と判明した。地元警察が10日発表した。

住宅の壁からナチスの「かぎ十字」の落書きが見つかり、当初は極右勢力の犯行が疑われたが、警察は住民らの情報から9日に男を逮捕。男は、住環境の悪さや将来の生活の見通しが立たないことへの不満から放火し、捜査をかく乱するために「かぎ十字」の落書きをしたことを認めた。(共同) http://www.sankei.com/world/news/160411/wor1604110004-n1.html

….….….….…. 
….….….….….
….….….….…. 上:新大久保の落書き 下:韓国の謀略団体VANK

….ちなみに 上の写真の「かぎ十字」は誰が書いたと思いますか? これは東京の新大久保で見つかったものなんですが、「チョン」の「チ」に特徴があるため、おそらくは同一人物による書き込みと思われます。おまけに「卍(ハーケンクロイツ)」まで書いてありますが、日本とナチスをからめて批判しているのは韓国のVANKの連中ぐらい。ということから、新大久保の落書きも韓国人による自作自演の可能性が極めて高いですね。

….….….….…. 

….結局、東京・新大久保に端を発した「ヘイトスピーチ騒動」とは何だったのか? 「差別落書き・自作自演事件」では、「差別落書き発見→落書き消し隊誕生→NHKが取材・放送」という、あまりの段取りのよさに、早い段階で「韓国人によるやらせ」が指摘されていました。韓国のプロパガンダにNHKの中の人間が関与しているんです。NHKの韓国偏向ぶりは異常です。

….….….….…. 

….困っている ものを助けたいと思うのは誰もが持つ自然な感情でしょう。雨露に濡れている子猫や子犬がいれば保護したくなるのは当然です。でも、一時の「かわいそう」という感情で拾ってきたものの、イメージと違っていたり、犬猫病院の費用に音を上げて、再び「捨てる」という選択肢を選ぶ人がいるのも事実。犬猫だってそうなんですから、人の場合はもっと慎重になるべきでしょう。人間の場合は「飼い犬に手を噛まれる」では済まないのですから。難民・移民問題は一時の感情では判断すべきものではありませんよね。 By なでしこりん

  • 2016 04.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事