速報! 暴挙!中国による南シナ海侵略が止まらない!公海自由通航の原則は風前の灯に・・・ 

この記事は3分で読めます

暴挙!中国による南シナ海侵略が止まらない!公海自由通航の原則は風前の灯に・・・

…..中国人に自制を求めても侵略の時間を与えるだけです!
….….自民党安倍内閣を守ることだけが「アジアの平和を守る力」になる!

….なでしこりんです。日本ではあまり報道されない中国の対外侵略政策。今日は珍しく朝日新聞が記事にしています。新聞の使命は「事実を伝えること」。朝日新聞にはその原点に戻って仕事をしてほしいですね。 

….….….   

….中国、西沙諸島に対艦ミサイル配備か 射程400キロ

…..英国の軍事情報会社IHSジェーンズ(IHS)はこのほど、中国が南シナ海の西沙 (パラセル)諸島に対艦ミサイル「鷹撃62」を配備したとみられるとの報告を出した。 事実であれば、同海域で中国が目指す軍事拠点化が、着実に進んでいることになる。 

…..報告によると、対艦ミサイルが配備されたとみられるのは、中国がベトナムなどと領有権を争う同諸島の永興島(ウッディ島)。IHSが中国版ツイッター「微博」に掲載された「鷹撃62」の写真を分析したところ、撮影場所が永興島の可能性が高いことが わかったという。 「鷹撃62」は射程400キロ。中国はすでに、永興島に地対空ミサイルを配備している。(2016年3月30日鬼原民幸) http://www.asahi.com/articles/ASJ3Z6505J3ZUHBI01S.html?iref=comtop_list_int_n02  

….….…... 

….記事の中身 も重要ですが、まず最初に目に付いたのが朝日新聞記者の名前。この記事には「鬼原民幸」という署名があります。私は新聞記者が自分の記事に責任を持つ意味から署名記事は大歓迎。今まで無責任な記事が多過ぎましたからね。ただ、この鬼原民幸さんの「民幸」は典型的なブサヨネーム。「野菊の墓」の薄幸のヒロインは「民子」さんですが、民幸さんのご両親は息子に「人民の幸福」を託されたのでしょうね。

….…. 
.
...
  さて、中国という国家は世界中に「平気でウソをつく国家」のようです。まあ、中国共産党に真実なんて最初からありませんが、着々と海外侵略拠点を構築中ですね。地図を見てみましょうか。パラセル(西沙 )諸島に射程400キロのミサイルを配置したらどうなるか? ベトナム沿岸はその射程内に入ります。公海である南シナ海の安全航行も脅かされます。

….….…... 

…..ちなみに、パラセル諸島の南部に位置するスプラトリー(南沙)諸島にも中国軍の基地がすでにあります。対艦ミサイルの射程にはもっと長いものがありますから、遅かれ早かれ南シナ海はその名のとおり、「南のシナの海」に成り果てるでしょう。 その時、アジア諸国は? 私たちの日本は?

….….…...   

…..アメリカ にはもちろん日本側のロビイストもいますから、トランプ当選=在日米軍撤退にはなりませんが、在日米軍撤退は、日本にとっては「いつか通らなければならない道」でもあります。そもそも自国内に外国の軍隊が駐留していること自体がおかしい。日本は日本国民自身の手で守るべきであり、その次に集団的自衛権の話があると思うんです。ある意味、日本から米軍が完全撤退するのは当然の結果です。まだまだ先の話ですが・・・・。

….….…... 

…..中国共産党 の賞味期間がいつ切れるか?その前に中国が東南アジア、台湾、日本と戦争を始めるかは現時点ではわかりません。はっきりしているのは、「中国は戦争の準備を確実にしている」ことだけです。どうか、おしっこをちびらないでください。喧嘩は本気の側が勝つのです。負けを意識した側が負けます。 違いますか?

….….…... 

…..日本の安全保障 で一番大切なことは、日本を守る立場の政党・政治家を日本国民が選ぶことです。民進党や共産党に日本を守れますか? おそらく民進党や共産党は「日本を中国に売り渡すこと」には長けているでしょう。でも、そこにある日本は、チベットやウィグルと同じです。断っておきますが、共産主義は「宗教はアヘン」と言って、忌み嫌っていますよ。宗教を信じている人は「人民の敵」になることをお忘れなく。

….….…... 

…..私は 「思想信条の自由」、「信教の自由」を認めない共産党政権には断固反対!日本と日本人を守るためなら鬼にもなります。でもその前に、自民党安倍政権を守り抜くことが大切。問題は「安倍政権を守るか?守らないのか?」の二者択一。あなたはどちらを選択しますか?  By なでしこりん

….特典はゼロ!あなたも安倍総理応援団に参加しませんか?

…..『日本人がこの日本に生まれたことに幸せを感じる。そして子供たちが、日本という国に生まれたことに誇りを持てるという日本を創っていく。私は全力を尽くして参ります』 

…..自民党の安倍晋三議員が、自民党総裁選挙で勝利した直後に語った言葉です。日本の政治が混迷する中で、安倍総理ほど、きちんとした国家感を持つ政治家はいるでしょうか。そんな安倍総理に対する「売国マスゴミや反日左翼」からの個人攻撃のひどいこと。私たちはそんな安倍総理を「国民レベルで守る」ために立ち上がりました。どうか趣旨に賛同していただき、ふるってのご登録お願いいたします。

…..ここから→ http://group.ameba.jp/group/slmr71DH3mUO

  • 2016 04.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事