速報! 【社説】 朝日 「放送法は、我々が言いたいことだけを言える自由を保証する。高市はわかってない」

この記事は1分で読めます

【社説】 朝日 「放送法は、我々が言いたいことだけを言える自由を保証する。高市はわかってない」
1 ファルコンアロー(栃木県)@\(^o^)/2016/03/07(月) 08:28:47.30 ID:7KMZgYrB0●.net

「停波」発言 放送局の姿勢を見たい
政治的に公平でない番組を繰り返し流した場合、時の総務大臣の判断で、放送局に電波停止を命じることもありうる――。高市早苗総務相が、こう繰り返し表明している。これまでの総務大臣も同様のことを述べてきた、とも言っている。放送関係者や法学者らによる批判声明が相次いでいるが、考えを変えるつもりはないという。

高市氏は放送法の意義を理解していない。放送法の精神は、憲法が保障する表現の自由を確保することにある。様々に解釈できる「政治的公平」を定めた第4条を、停波という処分と結びつけるべきではない。番組が政治的に公平か否か、自身も政治家である大臣が判断することには矛盾がある。

いまの自民党は、番組内容にまで踏み込み、威圧ともとれる「要望」や「事情聴取」などでテレビへの干渉を強めている。そんな政権党の大臣が「停波」を口にすることは、放送の自由への圧力と受け止められる。
logo@2x

以下
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=comtop_gnavi

 

続きを読む

  • 2016 03.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事