速報! 【韓国】MERS感染を広げたお見舞い文化、大勢で駆けつけて付きっきり。…結婚式場も葬儀場も閑古鳥、マスクをすれば解雇も

この記事は3分で読めます

【韓国】MERS感染を広げたお見舞い文化、大勢で駆けつけて付きっきり。…結婚式場も葬儀場も閑古鳥、マスクをすれば解雇も
1ダーティプア ★@\(^o^)/2015/06/18(木) 12:32:34.14 ID:???.net

韓国では連日のように新たなマーズ(MERS :中東呼吸器疾患)感染者が発生している。
まさにマーズ禍と呼べるような状況だ。そのため私もできるだけ外出を控え、家ではじっと
ニュースを見ている。そんなとき、親友から1本の電話をもらった。

最近、親しい友だちでもほとんどメッセージだけでやり取りしていたが、彼女は「誰かと話が
したいのよ」と言う。そうだ、マーズが流行ってから家族以外とは話をあまりしたことがない。

もちろん、仕事の電話には出るが、このところ会議がキャンセルになったという知らせばかりだ。

彼女は「これからいったいどうなるのかしら。それにどうすればいいのかしら。下手に会合の
話でも持ち出せば皆から嫌われそうだよね」と言う。そう。今はできるだけ他人と接触したくないのである。


■感染を広げたお見舞い文化
これほどまでに感染が広まったのは、病院や政府の初期対応が悪かったせいだとニュース
では解説する。さらにもう1つ。韓国のお見舞い文化が余計に感染者を出した元凶だとも言う。

韓国では、病院へお見舞いする時は、大勢で駆けつける。とりわけ教会に通っている人たちは、
毎週誰かの見舞いに行くことになる場合が多い。

特に、年齢の高い人ほど見舞いの回数が増える。なぜなら、高齢者同士のつき合いのため、
病気にかかる確率が高いからだ。

大勢で駆けつけるばかりか、病人たちのいるところで平気でお弁当を広げたりもする。
患者
の介護をしている人たちへの差し入れのつもりだが、何となくピクニック気分の人たちも多い。

そして、平気で携帯電話も使う。また、完全看護でない病院が多いため、誰かが患者に
つきっきりでいる必要があり、その人たちはそれほど衛生に気をつけない場合も多い。

こうした韓国の習慣がテレビで盛んに指摘されているので、これからお見舞いの風景も変わる
ことだろう。

さて、病院のお見舞い文化が変わるだけでなく、今悲鳴を上げている業界もある。
まずは、旅行業界。ソウルの明洞(ミョンドン)から中国人が極端に少なくなった。梨花女子大学
前にも以前はひっきりなしに観光客が写真を撮っていたが、これもほとんどいなくなった。


ソース:JBpress 2015.6.18
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44072

 
2ダーティプア ★@\(^o^)/2015/06/18(木) 12:33:02.47 ID:???.net

■仁川港をクルーズ船が素通り
実際、マーズの影響で6月1日~10日までの外国人観光客は昨年同期比2割(9万人)が減少、
観光収入の損失額は約1221億ウォンと言われる。

仁川港に寄港する予定だったクルーズ船などが予定を変更して素通りしたり、入港しても
お客
を船から降ろさないなどのハプニングが続いている。

今年、外国人観光客2000万人誘致を目標に掲げてきた韓国文化体育観光部は、苦肉の策
として、にわかに「マーズ安心保険」というものを作り出した。

「マーズ安心保険」とは、6月22日から来年の6月21日まで1年間韓国に入国する観光客のためのもので、
もし韓国で旅行中にマーズにかかったらそれにかかった費用や旅行費用を韓国政府
が負担するというもの。
補償範囲は、旅行費用、治療費および3000ドルの支援金(死亡した場合、
最大1億ウォン)だ。

これに関して反対派は、マーズは事前の予防が重要なのに、観光客を誘致したいからと事後
保険金を支払うなんて実効性がないと反発する。

また、結婚式を控えている人たちも大変だ。

韓国では、日本のように決まった数のお客を呼ぶ形式ではなく、できるだけ多くの人に来てもらいたがる。
そのため結婚式場にはあまり面識のない人たちも集まる。


しかし、今やよほどのことがなければ、結婚式場へは行かないだろう。葬儀場もまたしかりである。

■マーズ禍が過ぎ去るのを待つだけ
韓国では葬儀場はほとんどが大学病院の中に併設されており、大勢の人たちが夜通しにぎやか
にして故人を偲んでいる。それが韓国式の弔いなのだが、これもやはり皆が行きたがらなくなった。

前回、マスクが売り切れていると書いたが、確かに売り切れてはいる。しかし、実際にマスクを着用
している人たちは少ない。マーズが心配で持ち歩いてはいるが、大げさに思われるのが嫌で着用
しないという変な風景になっているのだ。

特に、サービス産業でマスクを着用した人を経営者が解雇したことがマスコミによって喧伝されたことも
手伝って、マスク着用が進んでいない。
効果的な対策がないなか、韓国人は、マーズという台風が1日も
早く頭上を通り過ぎて行くことを
じっと待っているような状況である。
south-korea-mers-scare-wedding-photo_650x400_71433837560


続きを読む

  • 2015 06.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事