速報! 韓国製リニアの『絶対許されない狂気の仕様』に専門家がドン引き。海外輸出は極めて困難な状態だ

この記事は2分で読めます

韓国製リニアの『絶対許されない狂気の仕様』に専門家がドン引き。海外輸出は極めて困難な状態だ

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 19:33:14.75 ID:CAP_USER.net
frn1602070830002-p2
frn1602070830002-p1

韓国初のリニアモーターカー(聯合=共同)

 韓国が「日本に次いで世界で2番目」と大騒ぎして、3日に開通したリニアモーターカーが、運行開始からわずか8分で急停止したことが話題になっている。このリニア、当初は2013年の開通予定だったが、安全面の問題などから5回の延期を経て運行スタートした。米国やロシアなどへの輸出も模索しているようだが、大丈夫なのか?

 注目の韓国リニアは、磁気浮上式。仁川(インチョン)国際空港駅から龍遊(ヨンユ)駅までの6・1キロ(6駅)を、無人運転で走行する。韓国の独自技術で4149億ウォン(約404億円)を投じて実用化したといい、最高時速は80キロという。

 ところが、開通直後に急停止してしまった。

 東亜日報(日本語版)は4日、「運行開始から8分後にストップ、出だしから『ぎっくり』」との見出しで、次のように報じた。

 「龍遊駅まで約300メートルの地点で急停止し、線路の上に車体が落ちた」「列車と線路がぶつかった衝撃で、乗客が車体の片方に押し寄せてしまったため、列車周辺では相当な煙があがった。十数秒後に再び動き出したが、乗客らは驚いた胸を落ち着かせなければならなかった」

 そして、同乗していた韓国国土交通部の崔政浩(チェ・ジョンホ)第2次官の「このようなことが繰り返されれば、市民が安心して乗ることができない」とのコメントを掲載している。

 急停止の原因として、中央日報(同)は5日、国土交通部関係者の「終着駅進入前のカーブで速度制限(35キロ)を約3キロオーバーし、安全のため急停車した」という見方を紹介している。

 自動運転なのに「速度超過」するリニアなんて怖すぎる。韓国の交通機関といえば、旅客船「セウォル号」沈没事故など不安があるが、安全面など信頼できるのか。

 韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「韓国は、中国が『2月中に中低速型リニアを商用化する』と発表したため、安全面の諸問題を解決できないのに、慌てて開通させたようだ。中部日報(3日)によると、諸問題には『降水時や霧の時に、電力遮断や定位置停車エラー』『管制所と車両間の運行情報不一致』など、公共交通機関として考えられないものもあった。『わが国は優れている』ということをアピールしたかったのだろうが、諸問題を残した運行開始や今回の急停止で、海外輸出は難しくなったのではないか」と語っている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160207/frn1602070830002-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160207/frn1602070830002-n2.htm

続きを読む

  • 2016 02.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事