速報! 移民・難民を受け入れたスウェーデンで今起こっていること 未来へのツケは誰が払う? 

この記事は2分で読めます

移民・難民を受け入れたスウェーデンで今起こっていること 未来へのツケは誰が払う?

「悪貨は良貨を駆逐する」事態が着々と進行中みたい!
  ヨーロッパで進む「日常生活」の摩擦!このツケは誰が払うわけ?

 なでしこりんです。今日はヨーロッパの「移民・難民問題」の情報をお届けしますね。日本の反日マスゴミは「在日朝鮮人難民」に類が及ぶのを恐れてか、移民・難民問題をスルーするつもりのようです。 でも、「移民・難民は問題」であり、「国家の未来の問題」でしかないことに世界は気付くべきです。

           
             難民を歓迎しない者はすべて差別主義者?

 今日は 「スウェーデンのバス」の話題。2つの映像がネット上に投稿されていますが、興味深いのは、1つはスウェーデン人による投稿であり、もう一つは移民・難民側に投稿ということ。この2つの投稿から「移民社会の未来」が見えてきませんか?
  
 Afghan Migrant In Swedish Bus Throwing Threats 
 
.
. まずは、「スウェーデンのバスの中で脅しをかけるアフガン移民」と題された映像。「移民が女性を暴行」というと大事件扱いされますが、実は一番恐いのは「日常生活の中の恐怖」。バスのような密閉空間でこんな演説を聞かされるスウェーデンの人たちは苦痛でしょうね。これを隠し撮りしたのは、おそらくはスウェーデン人の若者。「ライブリーク」に投稿されていましたが、「ユーチューブ」に焼きなおされたものを掲載しました。

 Muslim ‘Refugee’ demands to be allowed to ride the bus without paying the fare           
.
. こちらは 「イスラム『難民』は、運賃を支払わずにバスに乗ることを要求する」となっていますが、真贋に付いては各自で判断を。時系列でいうとこちらの方は「4ヵ月前の投稿」。拒否するバスの運転手さんの顔を撮影しているのが移民・難民側だとすると、こちらの映像の方が何十倍も恐いかも! もし、移民・難民側が画像投稿をしたのなら、「ただで乗せないと顔をさらすぞ!」という脅しのようにも見えます。この運転手さん、大丈夫なんでしょうか?

       

 「民主主義 は暴力に弱い」ものです。最終的には「民主主義は勝つ」かもしれませんが、そこにたどり着くまでには多くの犠牲がともないます。日本のことわざにも「無理が通れば道理が引っ込む」とあります。おそらく、今後のスウェーデンでは「無理が通る」状況になるのでしょうね。「人類博愛」を願うのなら、まずは「自国民を博愛すべき」でしょう。自国民の犠牲の上に立つ博愛など、ただの自己満足でしかありません。「手に取るなやはり野に置け蓮華草」は真理を突いていると思いませんか? このままでは遠くない未来、スウェーデンからスウェーデン人が消え去ることになるかもしれませんね。 By なでしこりん

  • 2016 01.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事