速報! 人と国を守る仕事=自衛隊員という進路選択 高校生たちになでしこりんからの提案 

この記事は3分で読めます

人と国を守る仕事=自衛隊員という進路選択 高校生たちになでしこりんからの提案

中国を礼賛し自衛隊と在日米軍を敵視する日本共産党は頭おかしい!
 自衛隊で2~3年勤務してからの大学受験という進路選択もありかな!

 なでしこりんです。私は以前は公務員をやっていました。公務員と言っても地方公務員であり、、特別職の国家公務員である自衛隊員ではありません。ただ、私の友人には海上自衛隊の隊員と結婚し家庭を持っている人がいます。

      

 ですから、それとなくは自衛隊の隊員と家族の喜びとご苦労は見聞きすることはあります。もしあなたが、進路の一つとしての自衛隊のことが知りたければ、ぜひご自分で調べてほしい。日本共産党に染まった高校教員はなぜかあなたの「自衛隊への就職」を妨害しますからね。 日本には「職業選択の自由」があるにもかかわらず!

     中国共産党に奉仕する日本共産党は頭がおかしい!
           
       
    三鷹市総合防災訓練会場で自衛隊の参加を妨害する9条の会

  今日、自衛隊のことを書きたいと思ったのは、日本国内における自衛隊への評価と、海外の人たちが見た自衛隊の評価の差があまりにも大きい(ひどい)からなんです。特に日本国内における日本共産党を始めとした左翼勢力による自衛隊への侮辱と嫌がらせがひどすぎます。日本共産党系の教員の中には平気でウソを付いてまで、特別職国家公務員である自衛隊をののしり、高校生の自衛隊への進路希望さえ妨害しています。こういうウソは「共産党の選挙目当て」では済まされない名誉毀損罪(犯罪)とさえ言えます。

     映像「南スーダンにおける平和維持活動」
     

 こういう 映像を見て、陸上自衛隊の作業服が迷彩服と初めて気付く人がいます。陸上自衛隊の隊員のほとんどはふだんの業務ではみんな迷彩服なんですよ。ところが日本共産党の中には「迷彩服で来るな!」などと手前勝手なことを言っては自衛隊をコケにする連中がいるんです。日本共産党って本当に無知で無礼なやつらでしょ!

      映像「ネパール国際緊急援助医療援助隊」
      

 映像 の中の迷彩服を着て診療に当たっているのは自衛隊員の「医官」です。みんな、防衛医科大を卒業し、医師免許を持ったお医者さんですが、現場では白衣は着ていません。そして重要なのは、直接医療に当たっていない場所にも、現地と調整する自衛隊員もいますし、医療所を設営した自衛隊員がいますし、医療所を守っている自衛隊員もいるわけです。食事を作る専門の隊員がいる場合もあるわけです。医療所は医師と看護師だけで成り立っているわけではありません。自分たちの生命を自分たちで守れないような集団には、被災地での人命救助活動なんてできないんです。

 もう 年が明けましたから大学入試が本格化します。でも中には、さまざまな事情で大学進学ができない人もいるでしょう。 「うちは親が貧乏だから進学のためのお金がない」と愚痴をこぼしても人生は変わりませんよ。もし私があなたの担任なら、「自分の力で自分の人生を切り開かないで、どうすんの!」とアドバイスするかも。今年から18歳は有権者です。

      

  私が 高校3年生にお奨めするのは「自衛官候補生(男女)」。 陸上自衛隊なら2年(3ヵ月+1年9ヶ月)、海上自衛隊と航空自衛隊では3年(3ヵ月+2年9ヶ月)任期の自衛隊員があります。この期間なら衣食住・医療費は無料ですし、特別職国家公務員としての月給並びに期末勤勉手当(ボーナス)が出ますから、あなたが無駄遣いさえしない人ならば、毎月10万円以上の貯金ができ、2年任期でも200~300万円は貯金できます。衣食住費が別途かかる一般企業の就職やアルバイトではここまでの貯金は難しいと思います。(*男子と女子は募集時期が違うので注意!)

        
        自衛官候補生(女子) 実はこの場面は屋外での合唱発表

 もし 真に大学教育を受けたいのなら、3年遅れの受験でも何の問題もないし、実際、大学には2浪3浪してきた年上の同級生は少なからずいます。私は現役卒の公務員受験だったけど、合格同期には年上の人たちがたくさんいました。「自衛隊に2年おり、その後、自分の力で大学を卒業しました」という人を評価する企業経営者もいると思いますよ。   
    
    自衛官候補生(3ヶ月間) 126,900円(月額)(平成26年4月1日現在)
    2士に任官後        161,600円(平成26年4月1日現在)
    賞与 年2回(6月、12月) 年次休暇、年末年始等の特別休暇等があり、 週休2日制

    http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/09.html

 もちろん、どの社会にも苦しいことはあるとは思うし、楽して稼げる仕事は世の中にはないわけで、自衛隊員でもない私が「自衛隊はいいよ」なんてことは軽々しくは言えません。でも、自衛隊は「人と国を守る特別職国家公務員」ですからね。そのことは誇りにしてもよいとは思います。もし「自衛隊という仕事」に興味を持ったら、まずは自分で直接調べることです。人生は一回きりだから、自分が納得できる生き方をした方がいいと思います。いずれにせよ、どの道に進んだとしても常に目標を持って、前向きにがんばってほしいな! By なでしこりん

            

  • 2016 01.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事