速報! 韓国企業が『次世代iPhoneに全てを賭ける』末期的な状況に突入した模様。中核部品を韓国で調達する計画だ

この記事は1分で読めます

韓国企業が『次世代iPhoneに全てを賭ける』末期的な状況に突入した模様。中核部品を韓国で調達する計画だ

1: 海江田三郎 ★ 2015/12/30(水) 12:47:47.27 ID:CAP_USER.net
http://iphone-mania.jp/news-96420/

Appleが将来的に、iPhoneに有機ELディスプレイを搭載するのではないかといった噂は以前からありましたが、韓国のニュースメディア『Electronic Times』は、同社がサムスンディスプレイ・LGディスプレイと有機ディスプレイの供給で契約間近になっていると伝えています。

詰めの段階に突入

以前から、Appleが2018年に発売されるiPhone8に有機ELディスプレイを搭載すべく、様々な企業と調整していることは伝えられていましたが、サムスンディスプレイとLGディスプレーは、次世代のiPhone用フレキシブルOLED量産のために、向こう2?3年の間に、合計15兆ウォン(約1.5兆円)台の設備投資を断行する方針であることが明らかとなりました。

これは、Appleとの契約が詰めの段階の突入していることを意味しており、未来のiPhoneへの有機ELディスプレイ搭載が一気に現実味を帯びた形となります。なお、契約の内容としてはLGディスプレイが月産4万5千枚で最大6万枚まで物量を拡大して供給し、サムスンディスプレイはLGディスプレイと比較して30%以上多い量を割り当てられることが予想されています。

『Electronic Times』は、Appleが要求する単価が低すぎるにも関わらず、求める製品の品質は高く、アップルはLGディスプレーとサムスンディスプレイに設備投資資金の一部を支給する可能性があることについても伝えています。

続きを読む

  • 2015 12.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

注目記事